監査事務局ってどんなところ?

最終更新日 2018年5月1日

ページID 045741

印刷

平成30年度 監査事務局プロフィール

監査事務局長からのメッセージ

局長写真
石塚博高監査事務局長

みなさんこんにちは。監査事務局の石塚です。

監査事務局は、監査委員の行う監査等がより効果的に行われるよう、関係資料の収集、調査等、監査委員を補助する仕事を行っています。監査委員は、独立した執行機関で、市の事務事業が適正かつ効率的に実施されているか等について、公正不偏の態度で監査等(監査、検査及び審査)を行い、市民のみなさまが正しく判断するもととなる情報を提供することを責務としています。

これらの情報は、監査事務局に掲載するとともに随時ツイッター(アカウント@kashiwa_kansa)でも発信しておりますので是非ご覧ください。

監査事務局の主な取り組み

監査委員が行う監査等の補助

  1. 定期的に行う監査 
    • 例月現金出納検査
    • 決算審査・基金運用状況審査
    • 財政健全化法審査
    • 定期監査
  2. 必要があると認められるときに行う監査
    • 行政監査
    • 財政援助団体等監査
    • 工事監査
  3. 要求又は請求に基づく監査
    • 住民監査請求等監査

平成30年度 監査事務局の方針と取り組み

方針1 内部統制の体制整備及び運用状況の評価

課題内容

  • 事務の適正性確保のため、内部統制整備が盛り込まれた地方自治法等の一部改正(平成29年6月9日付公布)の実施

取り組み

  1. 内部統制の整備に向けた取組状況の確認
  2. 内部統制の4つの目的の達成度の評価 
    • 業務の効率的かつ効果的な執行 
    • 法令等の遵守 
    • 財務書類の信頼性確保と適切な開示 
    • 資産の保全
  3. リスクアプローチ手法による監査等の実施

方針2 監査制度の充実強化による第五次総合計画等の評価

課題内容

  • 監査制度をより有効に機能させるため、監査制度の充実強化等が盛り込まれた地方自治法等の一部改正(平成29年6月9日付公布)の実施

取り組み

  • 定期監査や決算審査など、それぞれ監査等に有機的な関連を持たせ、予算編成-予算執行-決算の一連の業務について、PDCAサイクルにより継続的に確認
  • 第五次総合計画の重点事業について、合規性、正確性、経済性、効率性、有効性の観点からの監査等の実施