水道部ってどんなところ?

最終更新日 2018年5月1日

ページID 045716

印刷

水道部プロフィール

水道事業管理者からのメッセージ

吉川水道事業管理者
𠮷川正昭水道事業管理者

水道部では、柏市水道事業ビジョンに掲げる基本目標「災害に負けない、たくましい水道」・「いつでも安全で信頼される水道」・「いつまでも市民とともにある水道」の実現のため、管路や水源地施設・設備など、人口急増期に集中的に整備した老朽化資産の更新を計画的に進めています。
管路は耐震性のある材質・構造のものへと布設替えを、配水池などの水源地施設も耐震化を含めた更新等を、着実に進めてきています。
また、今年度から、老朽化した水道部庁舎の再整備工事(旧庁舎の解体撤去、新庁舎の建設)に着手します。水道部庁舎は、最も古い部分(昭和45年建)で築後48年が経過していることから、耐震性能の不足や老朽化に伴う劣化などを解消するとともに、災害時などの応急・復旧活動の拠点となるような庁舎へとリニューアルすることとしています。
これら施設の老朽化への対応などとともに、人口減少時代の到来を迎え、安全・安心な水道水をいつまでも安定的に供給していくため、より一層の経営努力を続けてまいります。 

水道部の主な取り組み

  • 水道事業の健全経営
  • 水道災害対策
  • 配水管等管路の布設及び更新 
  • 水質管理及び水源地の運転管理・維持管理 

平成30年度 水道部の方針と取り組み

方針1 管路の更新事業

課題内容

  • 管路の老朽化の進行、耐震化率の向上

取り組み

  • 老朽管(塩ビ管・鋳鉄管)を耐震性のあるものへと計画的に更新
  • 基幹管路等、重要度の高い管路を優先的に耐震化

方針2 水源地施設・設備更新事業

課題内容

  • 配水池等水源地施設・設備の老朽化の進行

取り組み

  • 水源地耐震補強のための水源地場内配管、配水池、着水井及び受水井等の耐震補強工事
  • 水源地のポンプ等設備の更新工事

方針3 水道部庁舎再整備事業

課題内容

  • 耐震性能の不足、老朽化の進行、バリアフリー未対応等の早期解消
  • 災害対策拠点機能の拡充

取り組み

  • 再整備基本計画に基づく水道部庁舎の建替え工事

方針4 水道事業の健全経営

課題内容

  • 水需要の減少傾向に対応した安定的な利益の確保

取り組み

  • 債権回収の強化
  • 柏市水道事業ビジョンに掲げた目標・施策の着実な推進