柏の水源

最終更新日 2014年12月9日

ページID 019729

印刷

柏市の水道は、地下水と利根川水系江戸川の水を水源としています。

地下水は、柏市内にある41本の深井戸(深さ200メートル前後)からポンプでくみ上げています。

川の水は、流山市にある、北千葉広域水道企業団の浄水場から柏市へポンプで送られ、柏市の水源地で、地下水と混ぜて給水されます。

地下水と川の水の割合は、現在、約1対4ですが、地下水のくみ上げが制限されていることと、井戸の老朽化で、川の水への依存度が年々高まっています。

水源の割合
年度 年間給水量 地下水(自己水源) 河川水(受水)
昭和50年度 1,630万立方メートル 100パーセント 0パーセント
昭和55年度 2,163万立方メートル 74パーセント 26パーセント
昭和60年度 2,794万立方メートル 56パーセント 44パーセント
平成5年度 3,443万立方メートル 40パーセント 60パーセント
平成15年度 3,513万立方メートル 39パーセント 61パーセント
平成20年度 3,988万立方メートル 25パーセント 75パーセント
平成25年度 4,040万立方メートル 20パーセント 80パーセント

北千葉広域水道企業団とは

千葉県北西部の水道の普及整備を目的に設置された用水供給事業団です。
江戸川の河川水(表流水)を取水し、浄水処理をして企業団の構成団体(千葉県、松戸市、野田市、柏市、流山市、我孫子市、習志野市、八千代市)に供給しています。

情報発信元

水道部総務課

所在地 柏市千代田1丁目2番32号(水道部庁舎3階)
電話番号 04-7166-3181
ファクス 04-7167-1165
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート