四種混合ワクチンの一部ロットの自主回収に伴う抗体検査及び追加接種に関するお知らせ

最終更新日 2019年10月11日

ページID 051546

印刷

四種混合ワクチンの一部ロットのワクチンの自主回収について

令和元年6月、四種混合ワクチンの一部ロットのワクチンにつきまして、有効成分の1つである不活化ポリオウイルス3型のD抗原量が有効期間内に承認規格を下回ったことについて、原因究明に時間を要していることから、当該ロットのワクチンの自主回収を行ったとワクチンメーカーより発表がありました。

なお、当該ロットのワクチン以外については、抗原量が承認規格を満たしていることが確認されています。

当該ロット製品

当該ロット製品
製造番号 製造年月日 有効期限
4K23 4K23A 2017年3月9日 2019年6月8日
4K23B 2017年3月10日 2019年6月9日
4K23C 2017年3月11日 2019年6月10日
4K24 4K24A 2017年5月10日 2019年8月9日
4K24B 2017年5月11日 2019年8月10日
4K24C 2017年5月12日 2019年8月11日

当該ロットの製品の使用期間は平成30年5月11日から令和元年4月12日までです(接種日時点で柏市民の方の場合)。

当該ロット製品の安全性、有効性について

  • 当該ロットのワクチンについて、安全性に影響があったとする報告はありません。
  • 承認規格を下回ってはいるものの、ポリオウイルスに対する十分な免疫を獲得することができることが確認されています。
  • 上記のことから、当該ロットのワクチンを接種した場合であっても、追加接種をする必要はありません。
    4種混合ワクチンの自主回収について(PDF形式 394キロバイト)

  • ただし、当該ロットのワクチンを接種された方の中で、有効性にご心配がある場合は、ポリオの抗体検査及び必要に応じて不活化ポリオワクチンの追加接種を無料で受けることができます。抗体検査を希望する場合は、当該ロットのワクチンを接種した医療機関、もしくは下記問い合わせ窓口へご相談ください。なお、抗体検査は、抗体検査の評価や今後の定期接種スケジュールへの影響を回避するため、四種混合ワクチンの4回接種終了後4週間以降に抗体検査を実施することが勧められています。
    本件に関する詳細は、一般財団法人阪大微生物病研究会のホームページでご確認ください。

問い合わせ窓口

一般財団法人阪大微生物病研究会 問い合わせ窓口

フリーダイヤル:0120-280-980(土・日祝日を除く 午前9時から午後5時30分まで)

情報発信元

柏市保健所 健康増進課

所在地 柏市柏下65番地1(ウェルネス柏3階)
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート