あなたの毎日を応援する健康情報「栄養・食生活編」

最終更新日 2019年9月11日

ページID 019476

印刷

あなたの食事は大丈夫?

毎日を健康で過ごすために、不足しがちな野菜をとるように心がけ、バランスのよい食生活を送りましょう。

食事バランスガイドでチェックしましょう

食事バランスガイドとは、1日に「何を」「どれだけ」食べたら良いかがひと目でわかる食事の目安です。

食事バランス

菓子・アルコール等の目安量とエネルギー

菓子・嗜好品は「楽しく適度に」というメッセージと共に、食生活にアクセントを加える役割として「コマのひも」で表されています。これらを取りすぎるとコマのひもが太くなりすぎて役割を果たさなくなってしまいます。つまり、肥満等につながり、健康に悪影響を及ぼします。合計1日200キロカロリーまでを目安にしましょう。

菓子アルコール

外食のエネルギー、塩分量

外食、調理済み食品を利用するときは栄養表示の確認をしましょう。

外食と塩分1外食と塩分2

日々の健康づくりを応援してくれる飲食店があります。

低栄養に注意

低栄養とは、エネルギーとたんぱく質が欠乏した状態です。高齢になると食べる機能や消化機能が落ちて、栄養素や水分を十分にとれなくなることが少なくありません。

献立の工夫で低栄養予防

単品料理にならないよう、かけうどんに、市販の焼き鳥やおひたしを加えたり、デザートにヨーグルトを食べるなど、単品料理にもう一品プラスすることで、栄養をアップしましょう。

大切なのは1日3回、規則正しく!主食・主菜・副菜3つのお皿をそろえること

朝ごはんもきちんととりましょう

あなたの適正体重は?

肥満ややせによる健康被害を防ぐため自分の適正体重を知り、バランスのよい食事で 適正体重の維持を心がけましょう。

肥満度を示す指数「BMI」の計算方法 体重(キログラム)÷(身長(メートル)×身長(メートル))

目標とするBMIの範囲(18歳以上)
年齢(歳) 目標とするBMI
18~49 18.5~24.9
50~69 20.0~24.9
70以上

21.5~24.9

健康に役立つ栄養・レシピ情報

治療が必要な方へ

糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病と診断された場合、食生活の改善が必要となります。かかりつけ医からの紹介により、病院の管理栄養士による食事療法の個別アドバイスを受けることができます。(保険診療のため別途費用がかかります。)病院の管理栄養士が作成した「塩分を控えた食事」「エネルギーを控えた食事」も紹介しています。

毎日の献立作りに悩む方へ

  1. 柏市民健康づくり推進員の皆さんが考案した必読レシピ集。柏に暮らす主婦だからこそのアイデアと知恵が満載です。すぐに役立つ内容です。
  1. 柏市保健所管内調理師会が飲食店等の調理師の方や調理師を目指している方を対象に行った講習会のメニューです。彩り鮮やか、でもうす味。家庭でプロの味にチャレンジしてみませんか。

これから赤ちゃんを迎える方、子育て中の方へ

家族の食事を見直すのには、とても良い時期です。

学校給食の思い出は世代を超えて共通のものです。ぜひ家庭生活にも活かしてみましょう。柏市立小学校、中学校のホームページには学校給食の写真が掲載されていますよ。

公設市場をのぞいてみましょう!

柏市には公設市場があります。旬の食材は日々の暮らしを豊かにしてくれます。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

柏市保健所 健康増進課 健康増進担当

所在地 柏市柏下65番地1(ウェルネス柏3階)
電話番号 04-7167-1256
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート