新たな緑地保全の手法について(特別緑地保全地区と地上権の組み合わせ)

最終更新日 2019年3月29日

ページID 040083

印刷

 もともと自然が豊かで緑地が広がっていた柏市ですが、都市化と共に開発が進み、市域の緑地面積は年々減少しています。貴重な緑地が失われる主な原因として、相続税支払いの為に売却されるケースが大半です。こうした現状を踏まえ、柏市では新たな保全策を実施しています。
 緑地保全の制度として特に相続時に有効な制度としては、都市緑地法の「特別緑地保全地区の指定」がありますが、運用には難しい面もあります。
 そこで柏市では、民法の「地上権の設定」を組み合わせることで、緑地保全を進めたいと考えております。
参考資料(PDF形式 317キロバイト)

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

都市部住環境再生室

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-2528
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート