新たな住宅セーフティネット制度について

最終更新日 2018年9月5日

ページID 044120

印刷

新たな住宅セーフティネット制度について 

空き家等を活用した住宅確保要配慮者に対する住宅セーフティネット機能の強化を図ることを目的に、改正「住宅セーフティネット法」が平成29年10月25日に施行されました。
これに伴い、新たな住宅セーフティネットが創設され、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度等が始まりました。

登録制度の概要について

柏市内で登録される住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅の登録申請窓口は、柏市役所都市部住宅政策課で行っております。
なお、登録の申請書の作成は、次のホームページで行う必要があります。

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅とは

低額所得者、高齢者、障害者、子どもを育成する家庭等の入居を拒まない住宅で、規模、構造、設備等について一定の基準に適合するものとして都道府県(中核市含む)が登録した賃貸住宅です。

登録住宅の情報について

登録された住宅確保要配慮者円滑入居住宅は次のホームページで公開されています。

住宅確保要配慮者居住支援法人

千葉県で指定された住宅確保要配慮者支援法人は次のホームページで公開されています。

情報発信元

都市部住宅政策課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-1階)
電話番号 04-7167-1147
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート