都市部ってどんなところ?

最終更新日 2018年5月1日

ページID 045711

印刷

都市部プロフィール

南條部長からのメッセージ

南條都市部長写真
南條洋介都市部長

都市部部長の南條です。
柏市の都市としての強みは、柏駅や柏の葉キャンパス駅を中心とした「市街地の賑わい」、利根川や手賀沼周辺をはじめとする「豊かな自然」そして、さまざまな活動が生みだす「地域の力」です。
都市部は、これらの柏市の強みを最大限に活かしながら、第五次総合計画で掲げた将来像「未来へつづく先進住環境都市・柏」の実現を目指して、魅力的な拠点の整備、子どもからお年寄りまで誰もが外に出て活動したくなる居心地のよい屋外空間づくり、少子高齢化時代を見据えた安心して暮らせる住環境の形成に取り組んでいます。
今年度は、他部局の取り組みも含め関連する施策がより大きな相乗効果を生み出すことを目標に部の運営を進めていきたいと思います。

都市部の主な取り組み

  • 先進的なまちづくり
  • 持続可能なまちづくり 
  • 暮らしやすいまちづくり 

平成30年度 都市部の方針と取り組み

方針1 社会構造の変化に対応したまちづくり

課題内容

  • 人口減少、少子高齢化、産業構造の変化や財政の逼迫などの社会経済情勢の変化に対応するため、従来の拡大傾向のまちづくりからの都市構造の転換、財政面及び経済面において持続可能な都市経営の実現

取り組み

  • 高齢者や子育て世代にとっても安心で快適な生活環境とするため、医療や福祉施設、商業施設などの都市機能の適正配置やこれらの生活の利便性を向上させる施設に容易にアクセスできる交通環境の改善、新たな働く場の創出などにより、将来にわたり、安定的かつ持続可能なまちづくりの推進

方針2 景観の保全と創造

課題内容

  • 個性的で質の高い都市景観の形成及び地域の景観資源の保全が必要

取り組み

  • 景観整備機構や景観市民団体との連携を図り、地区の特性に合わせた景観形成の手法を検討
  • 景観表彰、景観まちあるき等を通じて、景観形成に係わる人材を発掘し、活動を支援

方針3 柏の葉キャンパス駅周辺のまちづくりの推進

課題内容

  • 千葉県による「土地区画整理事業(柏北部中央地区)」及び「柏の葉国際キャンパスタウン構想」を基にした柏の葉キャンパス駅周辺のまちづくりを推進

取り組み

  • 千葉県や国、市関係部署との調整や、地権者、学識者との意見交換を通じ、質の高い都市空間の実現

方針4 柏たなか駅周辺のまちづくりの推進

課題内容

  • 柏北部東地区については、土地区画整理事業完了後の地域に見合った施設整備を進めていくためのコンセプトである「農あるまちづくり」の維持・発展が必要
  • 大室東地区については、健全な市街地形成を目指し、基盤整備の推進と良好な地域環境を実現するための対策が必要

取り組み

  • 柏北部東地区については、地区の街づくり活動等の指針である「柏たなか駅周辺地区整備方針」の具現化を図り、地域と連携したまちづくりを推進
  • 大室東地区については、より良い住環境の実現に向け地域一体によるまちづくりを実施

方針5 建築物の耐震化の向上

課題内容

  • 地震による建築物の倒壊等の被害から人命や財産を守るため、建築物の耐震化の向上が不可欠

取り組み

  • 柏市耐震改修促進計画による既存建築物の耐震化の促進とあわせ木造住宅・分譲マンションの耐震診断費助成制度並びに木造住宅の耐震改修費助成制度を有効活用

方針6 開発事業等に係る紛争

課題内容

  • 建築関係法令(公法上の規制)に適合する開発事業等の計画であっても、周辺環境への影響等から、近隣住民と事業者の間で紛争が生じることがあるので、これらの紛争を未然に防止するため、近隣住民に対し、事業者の事業計画を早期に説明することが必要

取り組み

  • 柏市開発事業等計画公開等条例(平成21年7月1日施行)の規定に基づく届出、公開板設置、近隣住民説明等の適正な執行の管理を行い、開発事業等に係る紛争の予防及び解決への取り組み

方針7 宅地耐震化調査

課題内容

  • 地震による宅地の被害から人命等を守るため、宅地耐震化の検討が必要

取り組み

  • 国の「宅地耐震化推進事業」を活用し市内の「大規模盛土造成地」の変動予測調査実施について調査検討

方針8 市営住宅の長寿命化

課題内容

  • 本市の市営住宅は、昭和39年に建築された高野台改良住宅を筆頭に、建築年数の古い建物が多く、老朽化が顕著
  • 施設をより長く活用するため、外壁や屋上防水等の改修工事が必要。また、同じく老朽化が著しい給排水管や電気配線等についても計画的な改修が必要

取り組み

  • 外壁及び屋上防水については、改修計画のもと、順次改修工事を実施
  • 給排水管や電気配線等については、居住者の日常生活を損なわない改修工事実施の可否について、調査検討を実施

方針9 空家等の適正管理の推進

課題内容

  • 適切な管理が行われていない空家等が地域住民の生活環境に影響を及ぼしていることから、空家等に関する施策の推進が必要

取り組み

  • 空家等対策の推進に関する特別措置法及び柏市空家等対策計画に基づき、発生予防と流通・活用・適切な管理並びに跡地活用について関係主体の連携により促進

方針10 みどりの保全と創出

課題内容

  • 都市化による緑の消失、高齢化に伴い荒廃する森林など、緑を取り巻く環境の急激な変化に対し、従来の行政主体による施策に加え、市民・民間団体など多様な主体との協働により、みどりの保全・創出が必要

取り組み

  • 柏市緑の基本計画で位置づけされた「拠点の緑」の整備を推進
  • 「カシニワ制度」や「市民緑地認定制度」など新たな手法を活用し、民間団体主体による、みどりの保全・創出活動を支援

方針11 災害に強いまちづくり

課題内容

  • 多数の市民が利用する柏駅周辺区域を含む避難困難区域を解消し、災害に強いまちづくりが必要

取り組み

  • 防災公園の整備や防災・避難街路整備を推進することにより、安全で安心なまちづくりの推進
  • 整備にあたっては、UR都市機構の豊富な経験を用い、早期に整備

方針12 公園内の老朽化した施設の更新

課題内容

  • これまでに建設された公園において、公園内のさまざまな施設の老朽化対策が必要

取り組み

  • 利用者が安心して公園を利用できるよう、老朽化した遊具等の計画的な更新を実施

方針13 暮らしやすく活力ある市街地の形成

課題内容

  • 土地区画整理事業(組合施行)の推進
  • 既成市街地における都市機能の向上

取り組み

  • 土地区画整理事業(組合施行)への技術的援助及び指導等
  • 既成市街地(高柳駅東口周辺等)における地域特性および住民ニーズを踏まえた柔軟な市街地整備手法の検討

方針14 北柏駅周辺のまちづくりの推進

課題内容

  • 平成25年度に事業費の削減等の変更を行った北口土地区画整理事業の推進
  • 駅北口周辺における都市機能の向上及び歩行環境の改善

取り組み

  • 土地区画整理事業計画に基づく整備を確実に進めるため、業務執行管理の徹底及び権利者の合意形成を促進
  • 北口駅前広場の近接地において、一体的な土地活用による利便施設立地の検討及び駅に直結する歩行環境の改善に向けた施設整備を進めるための関係者との協議及び調整を実施

方針15 中心市街地の吸引力の維持・強化

課題内容

  • 柏駅西口北地区は、中心市街地の一翼を担う地区として、道路等公共施設の整備、交通結節点としての機能整備、密集市街地の改善による防災性の向上などが必要

取り組み

  • 市街地再開発事業の実施に向け、地元権利者の合意形成や、整備効果などを踏まえた事業の成立性の検討を進める準備組合に対し、必要な支援、助言等を実施

方針16 中心市街地に関わる団体等の連携の推進

課題内容

  • 中心市街地の活性化を図るため、活性化基本計画に基づく各種事業の推進
  • 公民学連携によるまちづくりの推進

取り組み

  • 中心市街地活性化基本計画に基づく各種事業を実施
  • 商工会議所をはじめとしたまちづくり活動に関わる団体等と公民学連携によるまちづくりを進めるとともに、まちづくり団体等に対し、必要な支援等を実施

方針17 快適に歩いて過ごせるまちづくりの推進

課題内容

  •  中心市街地の賑わいを取り戻すため、各通りごとに特色を持った整備を行い、あわせて、まち並み形成を検討しながら、人に優しいまちを実現させることが必要  

取り組み

  • 「柏駅周辺まちづくり10カ年計画」に基づき、先行整備路線であるハウディモール、サンサン通り、あさひふれあい通りの魅力を高めるとともに、都市計画道路については、地権者等と協議し用地買収、道路整備等を行い、回遊性の向上を推進