屋外広告物の景観誘導

最終更新日 2017年6月6日

ページID 011198

印刷

屋外広告物の許可申請は、土木部道路総務課が担当していますので、許可申請の詳細については、「屋外広告物の許可申請 」をご覧ください。
屋外広告物の色彩等の基準については「柏市景観計画」132ページに記載しています。

屋外広告物の景観誘導(PDF形式 45KB)

景観誘導の考え方

屋外広告物は景観形成上重要な要素であると捉え、地域ごとの特性にふさわしい屋外広告物の基準を地域別景観形成ガイドラインに定めるとともに、屋外広告物法に基づいた柏市屋外広告物条例の規制誘導による景観形成を以下のとおり行います。

  • 表示又は設置をしてはいけない広告物等を定めます。
  • 広告物等を表示又は設置してはならない物件を定めます。
  • 広告物等の位置、規模その他表示の方法を地域区分に応じて制限を定め規制誘導を図ります。
  • 良好な景観を保全するため、広告物等の整備を図ることが特に必要であると認められる区域を景観保全型広告整備地区として指定し、地区の基本方針により景観形成を図ります。
  • 広告物の表示面積(商標法による登録商標の部分を除く)の2分の1以上の面積の色彩は、マンセル表色系で以下のようにします。

 屋外広告物の色彩の基準

広告物の表示面積(商標法による登録商標の部分を除く)の2分の1以上の面積の色彩は、マンセル表色系で以下に適合するようにしてください。(登録商標のある場合には番号を明記してください。)

色彩基準
色相 明度 彩度
R(赤)
YR(橙)
Y(黄)
全範囲 10以下

GY(黄緑)
G(緑)

8以下

BG(青緑)
B(青)
PB(青紫)
P(紫)

RP(赤紫)

6以下
N(無彩色) なし

地域別景観形成ガイドラインの広告物・サインの基準

地域区分ごとの基準表
地域区分 用途地域等 基準
(「地域別景観形成ガイドライン」の掲載ページ)
住宅系地域 戸建て・低層住宅 第1種低層住居専用地域
第2種低層住居専用地域
店舗や、夜間照明、サイン、オブジェ等の要素は、住宅地景観と調和した落ち着いたデザインとする。(73ページ)
中高層
住宅
第1種中高層住居専用地域
第2種中高層住居専用地域
第1種住居地域
第2種住居地域
商業系地域  中心商業 商業地域
  • 柏市の顔にふさわしく、個性の中にも秩序ある商業地景観を創出する。(78ページ)
  • 周辺の住宅地景観への気遣いが感じられるデザインとする。(81ページ)
  • まち並みに配慮した色彩とする。(86ページ)
地区商業 近隣商業地域
沿道系地域 沿道 準住居地域
  • サイン、夜間照明、オブジェ等の演出要素は、景観を損ねないように配慮する。(93、94ページ)
  • まち並みに配慮した色彩とする。(95ページ)
  • シンプルで一体的な施設デザインとする。(98ページ)
  • さりげない個性の演出により優れた沿道景観を形成する。(99ページ)
工業系地域 工業 準工業地域
工業地域
工業専用地域
親しみやすい施設デザインの工夫をする(108、109ページ)
新市街地系地域

北部総合整備地域

その他の土地区画整理事業地域

学園文化施設地域

都市型商業・業務・工業施設における景観づくり(119ページ)

(補足)柏の葉キャンパス駅周辺及び柏の葉2号調整池周辺景観重点地区では「景観形成基準」において別途広告物の基準を定めています。

自然・田園系地域 河川・田園・田園集落 市街化調整区域 店舗や、夜間照明、サイン、オブジェ等の要素は、自然、田園景観を損ねない落ち着いたデザインとする。(56ページ)

(参考)地域別景観形成ガイドラインをみる。

柏の葉キャンパス駅周辺及び柏の葉2号調整池周辺景観重点地区における広告物協議

柏の葉キャンパス駅周辺及び柏の葉2号調整池周辺景観重点地区では景観形成基準において、別途広告物の基準を定め、以下の通り協議を求めています。

広告物基準の内容

手続き

1.広告物協議書の提出

  • 協議窓口

景観整備機構(UDCK)または柏市都市計画課
(補足)広告物協議を行わない場合は下記の項目を行為者が確認

2.確認・協議

  • 屋外広告物条例および景観形成基準の確認・協議

(禁止広告物、適用除外、許可条件など)

3.広告物協議書写しの発行、必要手続きに関する助言

  • 屋外広告物条例の許可必要の有無
  • 許可基準への適合、適用除外の判定

4.屋外広告物条例関係手続き

  • 窓口

柏市道路総務課

屋外広告物の許可が必要な場合

屋外広告物の許可申請(広告物協議書写しを添付)
(補足)広告物協議を行わない場合は、許可基準への適合を示す書類を作成し添付

屋外広告物の許可が不要な場合

手続き不要(広告物協議書写しを保管)
(補足)広告物協議を行った場合は、適用除外の判定を受けた書面として保管

必要図書

提出先

景観整備機構(柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK))info■udck.jp(アドレスの■を@に変更してください。メール提出可)

または柏市都市計画課

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート