柏市景観計画(案)に関するパブリックコメントの実施結果

最終更新日 2011年3月1日

ページID 005734

印刷

柏市景観計画(案)に寄せられたご意見に対する市の考え方

平成19年9月21日から10月12日までの間、パブリックコメント制度に基づきご意見を募集しました。
寄せられたご意見及びこれに対する市の考え方は、以下のとおりです。

柏市景観計画(案)に寄せられたご意見に対する市の考え方
No. 意見概要 考え方
1  柏の葉キャンパス駅周辺の柏北部中央地区土地区画整理事業地の区域外でホテルや工場が混在する地域について、住宅系地域への移行や住宅系地域に則したまちづくりをしていただきたい。  ご意見の地域は、土地区画整理事業の区域外で、従前から第一種住居地域や工業地域となっており、用途地域ごとの建築物の用途制限により住宅以外の建築物も立地可能なところです。
景観計画では、用途地域を基本にして地域区分ごとの景観まちづくりの考え方をまとめているもので、建物用途の制限は定めていません。
しかし、地域の状況にあわせたまちづくりも大切ですので、その他の制度等を含めこの地域に適したまちづくりは考えてまいりたいと思います。
2  柏の葉キャンパス駅の管理について、建物の美観だけでなく、内部の清潔さからも美しいまちづくりとなるように願っています。  市から鉄道事業者にご意見のことについて伝えてまいります。
3  地域別景観形成ガイドラインで住宅系地域の切土、盛土で生じる擁壁の高さの規制について、道路に面する擁壁の外に隣地に面する擁壁についても適用となるようにしてほしい。  景観計画では、第一種低層住居専用地域と第二種住居専用地域での一定規模以上の開発行為で切土、盛土により生じる擁壁の高さを制限しています。
道路や公園などの公共空間に接する擁壁の高さを制限しているのは、不特定多数の人にふれる公共空間では良好な景観形成をしていく必要があるため制限をしているものです。
なお、景観計画の基準とは別に、地区計画や景観重点地区などの制度を活用することで、地区の状況に応じたルールづくりにつながることから、これらについて記述するようにいたします。
4  柏市や他の行政機関による公共施設などの景観に対する役割や公共施設の手続きなどを明確にする必要があると思います。  柏市や他の公共団体などの公共施設については、事前協議などにより先導的に景観形成を推進していくこととしています。
景観計画に、景観重要公共施設制度の活用やその他の公共施設の事前通知制度による考え方を追加して定めます。
あわせて、計画設計の進め方と手続きのフローを明示し、公共施設による景観形成の取組みを進めてまいります。

(平成19年12月7日掲載)

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート