柏駅東口A街区元町通り地区地区計画

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001646

印刷

1.位置図

柏駅東口A街区元町通り地区地区計画位置図

2.区域図

区域図1    区域図2
クリックで大きな画像がご覧に慣れます。JPG 261キロバイト、361キロバイト

3.地区計画の方針

地区計画の方針
名称 柏駅東口A街区元町通り地区地区計画
位置 柏二丁目の一部の区域
面積 約0.8ヘクタール
地区計画の
目標
 柏駅東口周辺地区は、西口との機能分担を図り、既存の商業施設を活かしながら、土地の高度な利用によりカルチャー・アミューズメント機能を付加した拠点整備を行い、魅力に富んだ「広域生活文化拠点」の形成を目指している。
 本地区は、新たな商業ゾーンの形成を目指して、市街地再開発事業と併せて、オープンスペースを創出し、防災性・安全性の向上を図るとともに、商業機能を誘導するほか、居住機能との調和を図るなど、良好な都市環境を形成・保持することを目標とする。
区域の整備

開発及び保全の方針
土地利用の方針 次のとおり地区を区分し地区の特性を活かした土地利用の方針を定める。
〈柏駅東口A街区第一地区〉
 本地区は、商業地区として、敷地の共同化及び土地の合理的かつ健全な高度利用を促進し、人の賑わいのある魅力的な商業ゾーンの形成を図る。
〈柏駅東口A街区第二地区〉
 本地区は、商業地区として、敷地の共同化及び土地の合理的かつ健全な高度利用を促進し、居住機能との調和を図りながら人の賑わいのある魅力的な商業ゾーンの形成を図る。
地区施設の整備の方針  市街地再開発事業と併せて、建築物の周辺に公共空地を確保し、道路と一体となった歩行者空間を創出するとともに、隣地境界部に避難通路を確保する。
建築物等の整備の方針  魅力ある商業地区として合理的、かつ健全な高度利用を図るため、市街地再開発事業に併せ、次に掲げる方針に基づき、建築物等の整備を図る。
〈全地区〉
・壁面の位置の制限を定めることにより、良好な歩行者空間の形成を図る。
・魅力ある都市景観を形成するため、建築物等の外壁の色彩や広告物の色彩、形態等は周辺環境に配慮したものにする。
〈柏駅東口A街区第一地区〉
・建築物の用途の制限を定めることにより、元町通り線沿道において、商業の連担性を確保し、新たな商業ゾーンの形成を図る。
〈柏駅東口A街区第二地区〉
・建築物の用途の制限を定めることにより、元町通り線沿線道において、商業の連担性を確保し、居住機能との調和を図りながら新たな商業ゾーンの形成を図る。

4.街づくりガイド

街づくりガイド
地区整備計画等 地区施設の
配置
及び
規模
その他公共の空地 通路 (幅員 3メートル、延長 約40メートル )
通路 (幅員 2メートル、延長 約330メートル )
通路 (幅員 1メートル、延長 約80メートル )
広場状空地 (1か所 面積 約150平方メートル )
建築物等に
関する事項
地区の名称 柏駅東口A街区第一地区 柏駅東口A街区第二地区
用途地域 商業地域
地区の面積 約0.4ヘクタール 約0.4ヘクタール
建築物等の用途の制限 次の各号に掲げる建築物等は建築してはならない。
(1) 2階以下の部分を住宅の用に供するもの(住宅の用に供する出入口、階段等の避難施設を除く)。
(2) 原動機を使用する工場で、作業場の床面積の合計が50平方メートルを超えるもの。
(3) 倉庫業を営む倉庫。
(1) 建築物の2階以下の部分を住宅及び共同住宅の用に供するもの(住宅の用に供する出入口、階段、廊下等の避難施設、駐車場及び駐輪場を除く)。
(2) 原動機を使用する工場で、作業場の床面積の合計が50平方メートルを超えるもの。
(3) 倉庫業を営む倉庫。
(4) 勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類するもの。
(5) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号、第5号及び第6号並びに同条第6項各号の営業の用に供するもの。
建築物の敷地面積の最低限度 建築物の敷地面積の最低限度は次のとおりとする。
1,000平方メートル
 ただし、次のいずれかに該当するものについては適用しない。
現に建築物の敷地として使用されている土地で、当該規定に適合しないもの又は現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば当該規定に適合しない土地について、その全部を一の敷地として使用するもの。
市長が公益上やむを得ないと認めたもの。
壁面の位置の制限  道路境界線及び隣地境界線から、建築物の壁若しくはこれに代わる柱の面までの後退距離の最低限度は、次に掲げるとおりとする。
(1) 1号壁面線:2メートル
(2) 2号壁面線:2メートル
(3) 3号壁面線:1メートル
(4) 4号壁面線:3メートル
  ただし、次に掲げる建築物等についてはこの限りではない。
1号・2号・3号及び4号壁面線においては、公益上やむを得ない建築物、または地盤面下の建築物及び建築物の管理上最小限必要な附帯施設
1号及び4号壁面線においては、歩行者専用デッキ、これに付属する階段等、及びこれらを支える柱
建築物等の形態または意匠の制限  建築物の外壁又はこれに代わる柱等の色彩は、原色を避けるなど周辺環境に配慮した色調とする。
 また、屋外広告物等は、周辺環境に配慮した形態とする。

都市計画決定(当初) 平成6年9月2日 柏市告示第172号
都市計画決定(変更) 平成17年12月2日 柏市告示第319号

地区計画区域内における建築行為等の届出について

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート