工業系地域

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001623

印刷

1.特性と課題

(1)北部に大小の工業団地が分布しています

工業系地域は、十余二工業団地をはじめとして、主に市の北部に大小の工業団地が分布しています。

(2)大規模な工場では敷地内の緑化が見られます

大規模な工場では、敷地にゆとりがあることから、豊かな緑を配している所が多く見られます。一方、敷地にゆとりのない中小の工場では全体的に緑の少ない景観となっています。また、大規模な工場でも、敷地周囲を塀で囲む場合の多いことから、通りから見える緑が少ないところもあります。

(3)市民に親しまれる工場デザインの誘導が望まれます

市内の工場の多くが古くからのものであることもあり、建物のデザインはあまり特徴がなく、親しみやすさにやや欠けるものが多くなっています。

(4)中小工場と住宅等の混在が見られます

工業団地として形成されず、中小の工場や流通施設等が集積してきた地区では、住宅や商業施設と工場が混在しながら市街化が進み、やや無秩序な景観となっているところもみられます。また、近年工場の跡地に、マンションや商業施設等が新たに立地するケースも見られます。

2.景観まちづくりの目標

目標1:緑豊かな工業地の景観づくり

敷地内の緑化を推進するとともに、敷地周囲の緑化や壁面緑化などにより、緑豊かな景観づくりを目指します。

目標2:市民に親しまれる工場・倉庫の景観づくり

工場や倉庫特有の素材感や意匠を活かしながら、色彩の工夫などにより、親しみのもてる景観づくりを目指します。

目標3:周辺環境に配慮した景観づくり

住宅地などと接する場所では、就業者が快く働ける環境や、周辺の住宅地の住み良い環境に配慮し、境界部等のゆとりが感じられる景観づくりを目指します。

3.景観まちづくりガイドライン

(1)敷地利用(建物配置、塀、フェンスなど)

1)通りからの緩衝空間を設ける

  • 建物配置にあたっては、通りに面するところでは、オープンスペースを設け圧迫感を和らげるための工夫をしましょう。
オープンスペースを緑などで演出した写真
エントランス前のオープンスペースを
緑などで演出して工場の雰囲気
を和らげています。
豊かな緑の空間を配置した写真
敷地外周にマウンドアップされた豊か
な緑の空間を配置しています。

2)通りから見える緑を極力増やす

  • 通りから緑が良く見えるよう、敷地の囲いなどを工夫しましょう。
  • 通りから目立たない場所に駐車場を配置し、周囲を緑化などにより修景しましょう。
フェンスの外側を緑で囲った写真
フェンスの外側をさらに緑で囲っています。
屋上緑化を行っている写真
敷地内緑化だけでなく屋上緑化も行
い、緑を増やしています。
壁面をツタで覆っている写真
壁面をツタで覆っています。
植栽によって隔てている写真
駐車場と道路を植栽によって隔てています。

(2)建築物等(壁面、色彩等)

1)落ち着いた表情のある壁面や屋根の色彩とする

  • 周辺の景観に圧迫感を与えることのないよう、壁面や屋根は落ち着いた色彩を用いましょう。
森林の緑とレンガ素材の色の調和の写真
森林の緑とレンガ素材の落ち着いた
色が調和しています。
素材そのものの色を用いた写真
素材(ここではコンクリート)そのものの
色を使い、落ち着きを与えています。
  • 大規模な壁面では単調とならないようアクセントカラーや壁面などの工夫により、表情を創り出しましょう。
アクセントカラーを用いた写真
アクセントカラーを用いることで壁面が
単調になるのを避けています。
外観に曲線を用いた写真
外観に曲線などを取り入れ、個性を
出しています。

(3)広告・看板類

1)広告・看板類はスッキリと洒落たデザインとする

  • 広告・看板類は極力大きさを抑えて集約化を図り、すっきりと洒落たデザインとしましょう。
切り抜き文字看板を用いた写真
壁面に切り抜き文字看板を置くだけ
のすっきりとした看板。壁と看板の
調和もとれています。
ポールの色を暗色系にした写真
広告面が小さく、ポールの色を暗色系にしたり、
設置部のデザインを工夫しています。

建物の用途が混在する地域でのまちづくりは

工業系地域内では、工場や倉庫をはじめとする工業系施設の立地が基本とされますが、沿道型店舗、流通施設、住宅など用途が混在する場合もあります。

その場合の考え方は概ね沿道系施設と同様に用途の異なる施設の境界部など、相互の十分な配慮や、交通対策、騒音等の環境対策のための緩衝空間の確保などが求められます。

また住宅を建てる際には、工業系施設の立地が基本とされる地域であることを十分認識したうえで、沿道系施設と同様に周辺の状況を十分に検討し、自らの敷地内での環境の保全に配慮した景観づくりに努めていくことが大切です。

(1)工業系施設で用途が混在する場合の考え方

景観上の配慮としては次のような事項があげられます。(沿道系施設と同様)

工業系施設で用途が混在する場合の考え方の写真

  • 敷地境界部の緑による修景に努める。
  • 住宅に対してネオンや華美な色彩が面しないよう努める。
  • ボイラー等騒音のもとになるような設備やその他の設備機器類が住宅に面しないよう配置を工夫するとともに、視覚的にも露出しないよう修景する。

(2)公園・広場などに近接する場合

景観上の配慮としては次のような事項があげられます。

公園・広場などに近接する場合の写真

  • 緑などの協調に努める。
  • 色彩など公園・広場に対して落ち着きや親しみやすさが感じられる表情づくりに努める。

工場の外壁の写真
工場の外壁の色は広場の緑に配慮しています。

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート