沿道系地域

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001622

印刷

1.特性と課題

(1)大きく派手な広告や看板が景観の中で特に目立つ存在となっています

車利用者に対してアピールするために特に派手な色使いや、建物壁面いっぱいを使った広告・看板やのぼり旗などが競い合うように乱立している所が見られます。

(2)奇抜な色やデザインの店舗が見られます

建物デザイン自体についても派手な色使いや形態などによって存在を主張する店舗が見られ、周辺景観に違和感を与えがちとなっています。

(3)通りに面する緑、斜面緑地などが魅力的な景観資源となっています

沿道の店舗には、通りからセットバックをして建物の周りに緑を配置したり、駐車場のまわりを緑で囲うなどの工夫をしているところが見られます。
また、沿道に残された斜面緑地など、まとまった緑も目をなごませる景観資源となっています。
一方で、斜面緑地などに立てられた大きな看板が緑への視界を遮っているところもみられ、今後の対応が望まれます

2.景観まちづくりの目標

目標1:広告・看板類の秩序化による、周辺地域になじむ沿道の景観づくり

沿道の景観にインパクトを与えている広告看板類などは乱立化防止に努め、デザインの工夫により、周辺の住宅地等の地域と調和した沿道の景観づくりを目指します。

目標2:周辺地域と調和した建築物の景観づくり

周辺から突出することのない落ち着いた建物のデザインによる沿道の景観づくりを目指します。

目標3:沿道の緑への眺めに配慮した景観づくり

沿道の景観をなごませているまとまった緑への眺めを大切にし、斜面緑地など自然景観と敷地の緑が調和した沿道の景観づくりを目指します。

3.景観まちづくりガイドライン

(1)敷地利用(緑、駐車場配置等)

1)ゆとりの空間を確保し敷き際の緑化に努める

  • 通りからの見え方に配慮し、敷地の規模に応じたセットバックによる、ゆとりの空間を確保するとともに、敷き際の緑化に努めましょう。

セットバックして緑地を設けた写真
セットバックして緑地を設けることによって
ゆとりの空間をつくりだしています。

2)通りからの見え方に配慮した駐車場配置とする

  • 効果的な駐車場サイン等により円滑な誘導を図りつつ、ゆとりがあれば通りの裏手に配置するなど、駐車場本体が通りから目立たないよう工夫しましょう。
樹木を積極的に配置した写真
駐車場を囲うかたちで樹木が積極的
に配置されています。
駐車場の路面を修景した写真
駐車場の道路側に植栽し、駐車場の
路面を修景しています

(2)建築物等(壁面、色彩等)

落ち着いた壁面や屋根の色彩とする

  • 周辺の景観に圧迫感を与えないよう、壁面や屋根に落ち着いた色彩・素材を用いましょう。
落ち着いた複数の色を用いた写真
壁面は落ち着いた複数の色を用い
て変化を持たせています。
ガラス素材を用いた写真
壁面にガラス素材を使い圧迫感を減ら
しています。
  • 壁面を広告に利用する場合は、文字の大きさや色彩、ロゴデザインなどを工夫しましょう。

切り抜き文字の看板を用いた写真
落ち着いた色彩の壁面に切り抜き
文字の看板を用いています。

(3)広告・看板等

広告看板類はすっきりと洒落たデザインにしましょう

  • 広告・看板類は極力大きさを抑え、集約化を図りすっきりと洒落たデザインにしましょう。

看板の集約化
看板の集約化により多くの看板をすっ
きりと見せています。

建物の用途が混在する地域でのまちづくりは

沿道系地域内では、沿道型店舗、流通施設、住宅など用途が混在しやすい傾向があります。そのため用途の異なる施設の境界部など、相互に十分な配慮が必要です。

特に施設利用者や商品の搬出入等の交通対策、騒音等の環境対策のための緩衝空間の確保など十分な配慮が求められます。また、住宅地と面する通り沿いに花など親しみやすい修景を工夫するなど、きめ細やかな修景の工夫をすることが好ましいと考えられます。

また、住宅を建てる際には、周辺の状況を十分検討し、自らの敷地内で環境の保全に配慮した景観づくりに努めていくことも大切です。

(1)沿道系地域で用途が混在する場合の考え方

景観上の配慮としては次のような事項があげられます。

  • 敷地境界部の緑による修景に努める。
  • 住宅に対してネオンや華美な色彩が面しないよう努める。
  • ボイラー等騒音のもとになるような施設やその他の設備機器類が住宅に面しないよう配置を工夫するとともに、視覚的にも露出しないよう修景する。

沿道系地域で用途が混在する場合の考え方の写真

(2)緑による敷地境界部の修景について

空間のゆとりに合わせ、緑化を工夫する必要があります。また、樹種や植栽の方法の選定にあたっては、周辺の住宅地でどのような方法が用いられているかも参考とし、調和を図っていくことが大切です。

緑による敷地境界部の修景についての写真

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート