商業系地域

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001621

印刷

1.特性と課題

(1)中心商業地域

1)通りや界隈によって様々な表情を創り出しています

中心商業地域は柏駅を中心として発達した商業地で、駅前広場のまわりや、大小の通りなど、通りや界隈ごとに形成された特徴ある商業・業務施設がにぎわいを生み出し、地域を特徴づけています。また、近年ハウディモールや二番街ではモール化が行われるなど各通りや商店街毎に異なる表情が見られます。

2)個性的な建物や店先のディスプレーが増えています

柏駅周辺では駅前広場を大規模な商業施設が取り巻き、さらにその周辺にはホテルなどが立地し、駅前の景観を特徴づけています。
また、近年店舗の建て替えや、店先のディスプレーの模様替えなどによって駅前の景観も変化しつつあり、個々には魅力や個性の感じられるものも多く見られます。これらの動きを活かしながら、通りや界隈での秩序だった街並みへと発展していくことが望まれます。

3)歩行者空間のゆとりや安全、快適さの向上が求められます

ハウディモールやサンサン通りでは、電線の地中化や植栽の整備が行われ、また近年建てられた大規模な商業施設では建物の壁面を後退し、歩行者の通行路や小広場としているところが見られます。
一方で、放置自転車、歩道上にはみ出した看板などが歩行者空間を狭めているところも見られます。

4)広告や看板が景観の中で目立っています

柏駅周辺は、駅前を中心として広告や看板が集中して設置されていますが、大きさや位置にばらつきが見られ、また、派手な色使いのものも目立ちます。

(2)地区商業地域

1)駅ごとに異なる表情があります

柏駅以外の駅周辺は、住宅地や学校、事業所など周辺地域の利用者を対象と身近な商業地であり、それぞれの駅前広場や住宅地のイメージなどから、異なる表情を形成しています。

2)歩行者空間のゆとりがやや乏しい印象があります

北柏駅、南柏駅、豊四季駅の駅前地区では、計画的市街地整備が進められていますが、全体的に見ると道路が狭く、また放置自転車等の問題もあり、歩行者空間のゆとりがない印象となっています。

2.景観まちづくりの目標

目標1:中心商業地域での柏市の顔としてふさわしい個性と秩序のある景観づくり

個々の建物や店の創意工夫を活かしつつ、建物のスカイラインや色彩、広告・看板類の協調など、通りや界隈の特徴を引き立てるような秩序ある街並みを誘導し、柏市の顔としてふさわしい地域の景観を育てていきます。

目標2:にぎわいを受け止め、楽しさを高める足元の景観づくり

各地域ごとの特性に応じ、足元のゆとりのある空間の創出に努めるとともに、見た目にも楽しくおしゃれなディスプレーや緑の演出などを誘導し、楽しく歩ける魅力的な景観を育てていきます。

目標3:駅ごとに個性の感じられる景観づくり

駅前の街並みの状況に合わせ、個性的な魅力のある地区商業地域の景観づくりを目指します。

目標4:安全性や美観等を守り育てる景観づくり

公共空間など誰もが利用できる空間では、日常的な維持管理に努め、すっきりと美しく、安全に歩ける地域の景観を守り育てていきます。

3.景観まちづくりガイドライン

(1)敷地利用(歩行者空間、駐車場配置、緑等)

1)ゆとりの空間の確保と演出に努める

  • 敷地の規模に応じたセットバックにより、ゆとりの空間を確保し、豊かな歩行者空間づくりに努めましょう。


低層部の壁面後退により、ゆとりある
歩行者空間を創出しています。


にぎわいや活力が風景としてにじみ
出るような場をつくりましょう。


オープンカフェは街の憩いを感じさせ
てくれます。


店先にゆとり空間を設け、オープン
カフェや植栽で演出しています。

  • 広告・看板や商品、緑やオブジェなどを工夫し、店の演出に努めましょう。


ちょっとしたゆとり空間を演出すること
で店先を魅力的にしています。


店先に設けたゆとり空間を和風のデ
ザインで演出しています。

2)駐車場の配置・デザインを工夫する

  • 駐車場や自転車置き場等によって街並みをとぎれさせないよう、工夫しましょう。


平面駐車場の路面に緑化ブロックを
用い区画に中木を配置して修景して
います。


立体駐車場の場合は低層部に店舗を
配置し、街並みをとぎれさせないように
工夫をしています。


タワーパーキングが単なる箱にならな
いように分棟でボリューム感を緩和す
るなど、デザインの工夫をしています。

(2)建築物等(壁面、スカイライン、色彩等)

1)壁面の表情づくりに努める

  • 大規模な壁面が景観に圧迫感を与えることのないよう、素材の工夫や壁面の分節化、落ち着いた色彩などにより、壁面の表情づくりに努めましょう。


壁面の分節化や落ち着いた色彩に
より表情づくりに配慮されています。


ガラスブロックの壁面に白い柱が
変化を与えています。

2)通りごとのスカイラインや間口などの秩序やリズム感を大切にする

  • まとまりや連続感の感じられるスカイラインとするため、隣の建物と屋根形状などの協調に努めましょう。


建て替えの際、屋根の形状を協調
しています。


にせ壁や上層部のセットバックなどに
よって見た目の凹凸を緩和し、通り
のスカイラインに配慮しています。

  • 間口のスケールを壁のデザインに取り入れるなどの工夫をしましょう


建て替えの際に、もともと通り沿いの間口のスケール
を壁のデザインに取り入れています。

3)低層部では店舗等の配置やショーウィンドウなど、にぎわいの連続性を確保する

  • 建物の低層部では、商業系用途の配置に努めたり、長い壁面はショーウィンドウやギャラリーを設置するなど、にぎわい感が連続するように努めましょう。


出入口のない殺風景となりがちな店
舗の裏手がショーウインドウにより、単
なる壁とならない配慮がされています。


にぎわいが途切れてしまいがちなマン
ションの低層部も通り沿いに店舗を
配置し活気を生み出しています。

4)街角を意識したデザイン

  • 景観上のポイントとなるコーナー部は建物のデザインや小広場、シンボルツリーなどによって、特徴のある街角としましょう。


シンボルツリーを配し、店の表情を見
せるなどの演出をしています。


エントランスを設け、ちょっとしたたま
りのスペースを設けています。


街角広場を設けるとともに、コーナー部分を
シンボリックにデザインしています。

(3)付帯設備、広告看板、照明等

1)設備機器類やごみ置場を修景する

  • 設備機器類やごみ置場などは見苦しくならないよう通りから見えにくい配置としたり、緑やデザインされたフェンスや壁面によって修景しましょう。


設備機器類を修景しています。


設備機器類をランドマークとなるような
一体的なデザインで修景しています。


建物と一体的にデザインされた外階段です。

2)広告・看板類は極力大きさや数を抑え、すっきりと洒落たデザインとする

  • 広告・看板類はまちの表情やにぎわいをつくる上で大きな影響を及ぼすので、通りごとに大きさや色を揃え、また、数を抑えてすっきりと洒落たデザインにしましょう


ビルの外壁にテナントの看
板を整理して並べていま
す。切り抜き文字で、統一
感を持たせながら各テナン
トのロゴを強調しています。


テナントの集合サインをすっ
きりとデザインしています。


商店街では看板の大きさ
や色を揃えています。

3)照明による夜間景観の演出を図る

  • 店舗等の照明は、店舗のもれ灯りや間接光、壁付け灯などすっきりと洒落た工夫をしましょう。


間接光による落ち着いた灯りとなっています。
写真はクリスマス時ですが、やわらかなイルミネー
ションが楽しさを醸しだしています。

  • 通りが寂しすぎる夜間景観とならないよう、シースルーシャッターや店内ディスプレイの照明などによる演出を工夫しましょう


通りに灯りを提供するとともに、閉店後も店の表情や
メッセージを伝えることができます。

建物の用途が混在する地域でのまちづくりは

商業系地域内では、店舗等多くの人が利用できる施設などの連続によるにぎわいの形成が求められます。また、近年中心市街地の活性化の視点から、安全で快適な駅前の商業系地域の形成のためには、商業と住宅のバランスのとれた共生が求められており、都心居住を支える施設として、店舗の他、サービス施設、文化施設、福祉・医療施設なども必要とされる施設です。

商業系地域内でマンション等を建てる際は、通りのにぎわいを分断しないよう、建物低層部への店舗等や、都心居住を支える施設の配置に努めることが望まれます。
また、建物用途に関わらず、歩行者の主動線となる通りではセットバックによる快適な歩行者空間の形成や、適切な緑の配置など快適な環境づくりのための協調も必要と考えられます。


都心型複合住宅
通りに低層の店舗やギャラリーなど人の流れを
呼び込む施設を配置し、高層部はセットバックして
住宅を配置しています。


都心型複合住宅
1階をセットバックすることにより歩行者空間を
設け、店舗を配置しています。


都心型複合住宅
店舗の割合が多い複合住宅ですが、看板などが
控えめにしてあり、住環境への配慮が感じられます。

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート