基本的な考え方

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001619

印刷

1.柏らしさを大切にする

 景観を特徴づけ、柏らしさを感じさせてくれる要素そしては、手賀沼や利根川、大津川、大堀川といった水辺や、市街地を縁どる斜面林、市街地内に点在する平地林や屋敷林といった自然味豊かな景観があります。

 また、地域の社寺などの歴史的資源、柏駅をはじめとした駅前ならではの人の活気などが柏らしさを感じさせてくれます。

 これらを大切にした景観づくりを行っていくことが大切です。

(1)柏を特徴づけている自然との共生を図る

  • 斜面緑地や平地林、屋敷林、野馬土手などとの共生
  • 水辺や湧水との共生

自然との共生説明図

(2)地域の社寺などの歴史的資源を生かす

  • 伝統的な意匠と調和したデザイン

社寺デザイン図

(3)駅前ならではの人の活気を生かす

人の活気を生かす説明図

  • 人の活気が見える風景づくり
  • オープンスペースの演出
  • 活気の映える街並み
  • 低中層部の連続感のあるスカイライン

2.周辺との関係を大切にする

敷地境界図  地域景観の一体性や快適さを生み出すためには、周辺の状況を読み取り、周辺との良好な関係に配慮した建築物等の計画としていく必要があります。

 特に通りに面する空間は、多くの人の目にふれる場として境界(セミパブリック)領域とされ、豊かな緑や外壁の色彩、街並みの連続性など、通りとの関係への配慮が求められます。歩行者にゆとりを感じさせるような空間の確保や演出によって、散歩をしたくなるような楽しさや魅力のある景観としていくことも大切です。

 また、周辺の建物との関係や地域の住民が大切にしている環境(自然や歴史など)を読みとり、協調していくことにより、快適さや住みやすさなどの感じられる景観とすることが求められます。

(1)通りの豊かな表情づくり

  • 生垣や外構などの緑による表情づくりと連続性への配慮
  • 街並みの連続性への配慮
  • 快適な歩行者空間の形成

通りの豊かな表情づくりの写真1      通りの豊かな表情づくりの写真2

(2)周辺の建物や地域性への配慮

周辺の建物や地域性への配慮の写真

  • 緑や屋根など地域のスカイラインと協調
  • 規模や用途の混在する場合、境界部の配慮
  • 地域になじむ色彩の使用
  • 公園周辺など、緑の環境への配慮

公園の敷地内緑化の写真

3.小さな要素もきめ細かくデザインする

 広告・看板類や屋上・屋外の設備機器類は、小さくとも景観上は大切な要素となり、これらのデザインによって、景観の雰囲気が大きく変わる可能性を持っています。

 特に広告・看板類は、本来人に情報を伝える役割を持つことから、ともすれば大きさや派手さのみを競いがちになりますが、競合が激しくなれば、乱雑な景観となってイメージを悪くしたり、かえって広告・看板類の情報を読みにくくしたりと逆効果となるおそれもあり、個々の看板のデザインの質や、通りなどでの一定のルールなどが求められます。

 また、建築物等と無関係にデザインされた屋上・屋外の設備機器類等がむき出しとなって、せっかくの建築物等のデザインが損なわれることは避けたいものです。

 このように、これらの小さな要素についても、建築物等との調和のとれた、きめ細かな修景のデザインを施すことが大切です。

(1)景観に配慮した協調型の広告・看板を目指す

協調型の広告・看板説明図

  • 広告・看板の数を極力減らすとともに表示面積を小さくする
  • 極力低層部に集約する
  • その他高彩度の要素も含め低層部に集約する

(2)屋上・屋外の設備機器類は周辺への気配りのきいたデザインとする

  • 囲いや建物内への取り込みなど屋上・屋外の施設が無秩序に露出しない工夫をする
  • 緑による修景を行う

周辺への気配りのきいたデザイン1  周辺への気配りのきいたデザイン2

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート