柏市のまちづくり【大規模建築物等の 景観誘導基準】色彩景観

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001616

印刷

1.基本的な考え方

 大規模な建築物・工作物は、どのような色彩を用いるかによって、周辺景観に大きな影響を与えます。一般的には、彩度の低い色や無彩色は落ち着いた印象を与え、彩度の高い色はけばけばしい印象を与えます。

 自然景観の色彩は、低彩度の色が基調となっているため、郊外地等においては、原則的には、低彩度の色彩を主として、落ち着いた、周辺に調和したものとすることが望ましく、安易に目立つ色を使用することは避ける必要があります。

 一方、市街地においても低彩度の色彩を基調とすることが基本ですが、住宅、商業、工業など地域によって、その配慮の内容も異なります。  また、計画的な住宅地や商店街など街並みが既に整えられているところでは、周辺の環境に基づき色彩をコーディネイトすることで、さらにまとまりのある街並みを形成することができます。

2.色の表示方法等について

マンセル色立体(*)

大規模建築物等の届出に必要な図書には、立面図などに着色するとともに、「マンセル表色系」で色の表示をすることとなっています。「マンセル表色系」は、色彩を正確に伝える方法として広く使われ、全ての色彩を色相、明度、彩度の「色の三属性」を用いて数値で表します。

色の三属性

  • 色相 : 赤(R)、黄(Y)、緑(G)青(B)などの色合いのこと
  • 明度 : 色の明るさの度合いのこと。白が最も高く10、黒が最も低く0と表す。
  • 彩度 : 色の鮮やかさの度合いのこと。彩度が最も低いのが無彩色0で表し、鮮やかさが増すにつれて各色相ごとに最高15までの度数で表します。

色の表し方

(例) 7.5YR 5/2 色彩   明度/彩度 (7.5わいあーる5の2と読みます)

色相7.5YRの色彩(*)

トーン

トーン図(*)

明度と彩度の組み合わせ、色の濃淡、明暗、強弱など色の調子を「トーン」といいます。トーンは、色が与える印象と深く関わってきます。

3.色彩調和の考え方

 色彩の調和の考え方を取り入れることで、相互に好影響を及ぼし、より魅力的な色彩景観が生まれます。代表的な色彩調和の考え方として「類似色調和」「色相調和」「トーン調和」があげられます。

類似色調和(*) ウォームグレー系や茶系といった類似色による配色。統一感はあるが,単調になる場合もあります。   

色相調和(*) 色相を同一あるいは類似の範囲内 に設定し、トーンに変化を持たせる配色。例えば、色相を統一し明度に変化をつける方法などはこれまでの建築物でも多く使われています。

    トーン調和(*) トーンを同一あるいは類似の範囲内に設定し、色相に変化を持たせる配色。中明度・低彩度のトーンの色ではおだやかですが、変化のある配色となります。

  

 * (*)印はカラープランニングセンター作成

4.建築物等の色彩構成の考え方

 地域を一色に統一することは揃った街並みとなりますが、逆に単調な印象を与えます。魅力ある色彩景観とするためには、周辺と調和した適度な変化も必要です。

 建築物の外壁等に複数の色を使用する場合は、ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つの色彩構成について、その割合や配色を検討しましょう。また、外壁に次いで大きな面積を占める屋根のルーフカラーも景観づくりにおいて重要な要素です。外壁等との調和にも配慮し、より良い景観形勢に努めましょう。

 公告物については、その役割から比較的彩度の高いものが使用される傾向が強くなりますが、全体を高彩度で構成することは必ずしも効果的とはいえず、マイナスイメージとなります。無彩色や低彩度のベースカラーに効果的なアクセントカラーを用いるなど、周辺景観と調和した色彩構成としましょう。

ベースカラー

建築物の大部分を占める基本となる色。ベースカラー控えめにすることや色調の揃った色彩で整えると街並みがまとまり、人々の活動が引き立つようになります

アソートカラー

ベースカラーを補完する色。例えば、高層の建築物の低層部分に変化をつけるために用います。

アクセントカラー

 小面積で街並みに彩りを与える色。 窓枠、目地、柱、テント等に使用します。ビルなどに比べ、規模の小さい住宅地などは慎重に検討して使いたい色です。

ルーフカラー

ベースカラーに次ぐ大きな面積を占める屋根の色。特に勾配屋根を用いる場合は、ベースカラーとの調和に配慮し、暗灰色など明るさや鮮やかさを抑えたトーンを基本としましょう。

5.色彩の誘導基準

(1)地域ごとの色彩景観

 色彩は、建築物等の形態と同様に 景観上重要な要素です。特に大規模な建築物等の場合は、充分な配慮が必要となります。  そして、その配慮内容は地域ごとの性格により多少異なります。


柱やテントの支柱にアクセントカラーを用い、賑わいの演 出がされています。


アクセントカラーの使用により外装に表情が加わり、圧 迫感が軽減されています。

 

1)住宅系施設

 住宅は生活の場であり、くつろぎの感じれれる色彩景観が求められることから、低彩度や無彩色など落ち着いた色彩とする。アソートカラーやアクセントカラーを使用する場合は充分に検討する。

2)商業系施設

 商業系地域においても低彩度を基調とするが、低層部にアソートカラーを用いて歩行者への圧迫感を軽減したり、周辺の建築物等のスカイラインと合わせることやテント等にアクセントカラーを用いて彩りを加えるなど、賑わいのある雰囲気を演出する。

3) 工業系地域

 工業系地域は一般的にグレー等無彩色、低彩度を基調とするが、親しみが感じられるよう温かみのある色彩も取り入れる。また、無表情になりがちな外装にリズム感を持たせるアソートカラーやアクセントカラーを用い、周辺への圧迫感を軽減する。

4)自然・歴史系地域

  自然は低彩度の色彩で形成されており、その色彩景観にあった低彩度のものをものを使用し、自然景観を阻害しないよう充分配慮する。アソートカラーやアクセントカラーを使用する際は充分検討する。

(2)近隣や自然景観との調和


トーン調和により穏やかさの中に個性ある街並みが形成されている。


植林やレンガを用いた壁面が自然景観と調和しています。

 

 一般的に彩度の低い色や無彩色は、落ち着いた印象を与えやすいため、基調となる色彩とすることが望まれますが、さらに近隣や自然環境との色彩の調和に配慮することは色彩景観を考える上で重要な要素といえます。

1)近隣との調和

 様々な色が無秩序に存在する街並みは、雑然とした印象を与えることから、類似色や類似色相等の使用により近隣との調和を図り、景観形成に努める。住宅地に隣接する商業や工業施設、工作物、広告物などは、特に彩度を低くするなど、地域の環境に配慮する。

2)自然景観との調和

 田園風景、斜面緑地などの自然景観が背景にある場合は、自然素材を用いるなど調和する落ち着いた色彩とすることや、神社や昔からある地域を特徴づける歴史的建造物等の周辺では、その伝統的な建造物等に用いられている色彩を取り入れるなどの配慮をする。 

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート