柏市のまちづくり【大規模建築物等の 景観誘導基準】広告物

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001615

印刷

広告物の誘導の考え方

  • 全体的な考え方   周辺の街並みや自然など地域の景観を踏まえ、周辺との調和を図るため集約化や落ち着いたデザインなどにより、人に不快感を与えない広告とするとともに、企業や店舗のイメージアップにつながる質の高いデザインとすることが大切です。
  • 屋上広告物   可能な限り小さく、建築物とのバランスのとれたデザインとすることが求められます。
  • 独立看板等   色数や文字の大きさに頼らず、ロゴデザインやシンボルマークを工夫するなどデザインの質でアピールするような広告とすることが求められます。
  • その他(袖看板、壁面広告等)   建築物に設置する広告物や自動販売機等企業広告を伴う設置物は、数や大きさを抑え見やすく集約するとともに、建築物と調和した落ち着いたデザインとすることが求められます。

1.屋上広告物

周辺や建築物との協調

  • 大きさを抑えるとともに、周辺の景観や建築物と調和した、スッキリと落ち着いたデザインとする。


建物デザインのポイントとなり、さらに 屋上設備の修景を兼ねたデザインです。

2.独立看板等

(1)周辺との調和

  • 周辺との調和に配慮し、可能な限り表示面積を抑えるとともに、情報の集約化に努め、独立看板の乱立とならないよう配慮する。


建物のデザインと調和しています。


小さな表示面積に色分けなどでシンプルに看板を集約しています。

(2)親しみやすく質の高いデザイン

  • 質が高く、市民に親しまれ、共感を得られるようなデザインを工夫する。


シンプルで落ち着いたデザイ ンですが、商品を連想させる デザインが店舗のイメージを 高めています。


ゲートを兼ねたシンボリックなデザインです。

3. その他(袖看板、壁面広告等)

周辺になじむ形態・色彩

  • 袖看板や壁面広告は大きさや数を抑え、建物デザインを損ねないものとする。
  • 吊り看板等は大きさや素材を揃えるなど、すっきりとした街並みに配慮する。
  • 自動販売機等は全面を広告面とせず、建物や周辺と調和した色彩とする。
  • 設置高さ等、歩行者の安全に配慮する。


切り抜き文字でテナントの看板を統一しています。


吊り看板の位置や素材を揃えています。


自動販売機の広告面を小さくし、建物と調和した落ち着いた色彩 としています。


外階段を修景する位置に集約的に配置し、洒落たデザインとしています。

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート