柏市のまちづくり【大規模建築物等の 景観誘導基準】工作物

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001614

印刷

工作物の誘導の考え方

  • 全体的な考え方

      自然景観の豊かな地域や、落ち着いた住宅地(地域別ガイドライン/自然・歴史系地域、住宅系地域)では、大規模な工作物がこれらの景観を損ねることのないよう、極力圧迫感や不安感を与えない配置やデザインとすることが大切です。

     
  • よう壁等

      長大なよう壁は周辺の街並み景観や自然景観等との調和に配慮し、また、歩行者や住民等に圧迫感を与えない配慮が求められます。

     
  • 鉄塔・煙突・高架水槽等

      鉄塔や煙突、高架水槽等は周辺の景観を阻害しないよう、周辺の緑化など修景スペースの確保に努め、本体の形態や色彩等を周辺の景観と馴染んだものとすることが求められます。

     
  • 装飾塔・物見塔等

      装飾塔や物見塔などは、華美な装飾が周辺の景観を阻害しないよう、設置場所やデザインを十分に考慮することが求められます。

1.よう壁等

壁面の修景

  • よう壁前面にスペースを確保し、緑化による修景に努める。
  • ツタなどによる壁面の被覆に努める。
  • 素材や形態に変化をつけ、圧迫感を軽減する。


緑により、擁壁の圧迫感を軽減しています。


表面にレンガタイルをを用い、親しみやすさを醸しています。


素材の変化や目地などによって圧迫感を軽減しています。


表面仕上げの変化や前面空地を緑化するなどで修景しています。

2.鉄塔・煙突・高架水槽等

(1)配置・敷地の修景

  • 周辺の施設や歩行者、車に対して圧迫感を与えないよう、敷地境界から後退し、周辺を緑化等で修景する。


周囲に緑を配置することで雰囲気を和らげています。

(2)形態・色彩等

  • 周辺の景観と調和した、落ち着いた形態・色彩とする。


美しいグラデーションで背景の空に馴染んだデザインです。


シャープなデザインでひきしまった印象を与えています。

3.装飾塔・物見塔

周辺になじむ形態・色彩等

  • 設置にあたっては周辺景観との調和に配慮し、景観を損ねる華美な色彩や、電飾を避ける。
  • 設置場所周辺は緑や舗装等の工夫により修景に努める。


周辺の緑に馴染んだ落ち着いた色彩ですが、高台の物見塔と、麓のモニュメントの 軸線を合わせ空間を演出しています。


電飾を用いていますが、落ち着いた表情のデザインとなっています。

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート