柏市のまちづくり【大規模建築物等の 景観誘導基準】建築物(工業系施設)

最終更新日 2010年9月1日

ページID 001613

印刷

工業系施設の誘導の考え方

 工場や倉庫などの工業系施設には、人々が働く場として快適さやうるおいを感じられるような緑豊かな敷地づくりが求められます。

 市民に親しまれる工業地の景観づくりのためには、周辺の環境に配慮しつつ、形態や素材、色彩等の工夫により、適度な個性化やイメージアップを図っていくことも大切です。

 広告や看板類のデザインは企業イメージを表現するものであり、かつ景観の印象ににも関わっていくことから、企業イメージ、景観の印象の双方を高める細やかなデザインの工夫が望まれます。

地域にふさわしい工業系施設の考え方

 工場の集積する地域(地域別ガイドライン/工業系地域)のうち、大規模工場の集積する工業団地は、敷地に比較的ゆとりがあり、緑の豊かな施設も多いことから、これらを活かしながら、緑をより豊かに見せる工夫や、施設のイメージアップにつながる建築デザイン等が大切となります。

 工業系地域のうち、工業団地として形成されず、中小の工場や流通系施設が集積してできた地区では、住宅との混在も見られ、それらとの調和に配慮した施設デザインが必要となります。

1.敷地利用

(1) 前面空地・住宅地との緩衝空間

  • 建築物等の圧迫感を和らげるため、通りに面するところでは、ゆったりとしたオープンスペースを設ける。
  • 住宅に隣接する場合にも、オープンスペースの確保に努める。


エントランス前の豊かなオープンスペースが工場の雰囲気を和らげています。

(2)境界部の形態・意匠

  • 敷地内の緑を豊かに見せる工夫をする。
  • 透視性のフェンスとしたり、塀やフェンスの外側を緑化するなど緑を見せる工夫をする。


フェンスの外側に緑を配置しています。


敷地内緑化と建築物の壁面・屋上緑化を組み合わせています。

(3)駐車場

  • 駐車場や車庫の出入口が目立たない配置の工夫、周囲の緑化などによって雰囲気を和らげる。


駐車場と道路を植栽によって隔てています。


高木で囲むことで周辺住宅地の環境に配慮しています。

2.建築物

(1)建築物

  • 周囲に圧迫感を与えない壁面デザインとし、落ち着いた雰囲気の外壁の素材やベースカラーとする。


全体を落ち着いた色調でまとめています。


外観に曲線を取り入れ、個性を出しています。

  • 大規模な壁面が単調にならないよう、アクセントカラーなどによって適度な変化をつける。


壁面の落ち着いたカラーリングに施したロゴマークがアクセントカラーになっています。


H鋼部分のアクセントカラーが洗練された雰囲気を創り出しています。

(2)タンク・サイロ

  • 建築物と違和感のないデザインとする。あるいはカラーリングの工夫により、デザインのアクセントとする。


カラーリングによって楽しい雰囲気を出しています。


工事中の様子を表現したオブジェやグラフィックが親しみやすさを感じさせます。

3.広告看板類

(1)広告看板類

  • 建物と一体的にデザインし、極力大きさを抑えるとともに集約化を図る。
  • 出入口付近の看板は、緑や花などで周辺の修景を合わせて行う。


清潔感のある施設デザインを大切にし、シンプルな看板デザインです。


植栽内にシンプルな看板を配置し、さわやかな印象を与えています。

情報発信元

都市部都市計画課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1144
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート