宅地造成等規制法とは

最終更新日 2019年6月3日

ページID 001601

印刷

目的

規制区域内の宅地造成に関する工事等について、必要な規制を行うことにより市民の生命及び財産の保護を図り、安全なまちづくりを促進することを目的としています。

適用範囲

国土交通大臣が指定した宅地造成工事規制区域内の土地を宅地や駐車場等として利用する際、次の事項に該当する場合は宅地造成等規制法の許可が必要です。

  • 切土によって高さが2メートルをこえるがけができるとき
  • 盛土によって高さが1メートルをこえるがけができるとき
  • 切土と同時に盛土する場合で高さが2メートルをこえるがけができるとき
  • 切土、盛土する高さに関係なく切土又は盛土する土地の面積が500平方メートルをこえるとき

(補足)

  • がけとは、水平面に対して角度(法勾配)が30度をこえて傾斜している土地をいいます。
  • 適用範囲の詳細及び柏市内の宅地造成工事規制区域については、宅地課の窓口で確認してください。
  • 一例として適用範囲を示したものを作成しましたので、ご参考ください。
    宅地造成等規制法への該当性について(例)

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

都市部宅地課

所在地 柏市柏255番地-1(柏市役所分庁舎2-2階)
電話番号 04-7167-1146
ファクス 04-7167-7668
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート