冬の交通安全運動が実施されます

最終更新日 2018年11月26日

ページID 048241

印刷

冬の交通安全運動 12月10日(月曜日)から 19日(水曜日)

スローガン

その一杯 愛車も走る凶器に 早変わり

重点目標

  1. 飲酒運転の根絶
  2. 子どもと高齢者の交通事故防止
  3. 自転車の安全利用の推進(特に「ちばサイクルール」の周知徹底)
  4. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

詳しくは、県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

飲酒運転の根絶!! 飲酒運転を無くすための3つの約束

約束1 お酒を飲んだら運転しない 

お酒を飲んだら、公共交通機関や運転代行を利用すること。また、飲酒運転を避けるために、自動車を飲食店に持っていかないなどの対策をしましょう。

約束2 運転する人にはお酒を飲ませない

運転するおそれのある人にはお酒を勧めたり、飲ませたりしないこと。

約束3 お酒を飲んだ人には運転させない

飲酒した人には絶対に運転させないこと。飲酒運転の車に同乗しないこと。飲食店側では飲酒防止のため、帰りの交通手段を確認するなどの対策も。

飲酒運転周辺者も厳罰です!! 断る男

飲 酒 運 転 の 罰 則
  • 酒酔い運転
  • 酒酔い運転者に車両提供

5年以下の懲役または100万円以下の罰金

  • 酒気帯び運転
  • 酒気帯び運転者に車両提供
  • 酒酔い運転者に酒類提供
  • 酒酔い運転車両の同乗者

3年以下の懲役または50万円以下の罰金

  • 酒気帯び運転者に酒類提供
  • 酒気帯び運転車両の同乗者
2年以下の懲役または30万円以下の罰金

飲酒検知拒否罪
呼気検査を拒むと(3ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金)
免許証提示義務違反
検問などで免許証を見せないと(5万円以下の罰金)

自転車飲酒自転車も車両です。飲酒運転は禁止です。

政府広報オンライン(外部リンク)が開きます。

道路横断中の交通事故防止

千葉県の交通事故死者数は、11月21日現在、162人で前年比プラス34人と昨年1年間の死者数(154人)をすでに超えています。特に、高齢者の死者数が83人と全体の半数以上を占めています。
道路横断中に事故に遭われているかたが多く、道路を横断する際は右左だけでなく、交差点では前や後ろから曲がってくる車がないか確認して渡りましょう。

ゼブラ・ストップ活動実施中!!

この活動は、横断歩道等における歩行者等の優先義務を運転者に徹底し、横断歩道上における歩行者等の保護を強化する事を目的に実施するものです。

横断歩道の手前ではスピードを落とし、横断する歩行者がいたら停まりましょう。

ゼブラ・ストップの徹底を!

ゼブラ


  • 前をよく見て安全運転、横断歩道を発見したら、その周りに歩行者等がいないか十分注意しましょう。
  • レーキ
    渡ろうとする歩行者等がいるかも知れない場合は、横断歩道の手前で停まれる速度で進みましょう。
  • イト
    車の「ライト」早めの点灯、小まめな切り替えで横断者を早期発見。
    横断者も反射材等で「ライト」アップ
    「ライト」(右)からの横断者にも注意     

詳しくは県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

横断歩道横断中の交通事故も多く発生しています。歩行者のかたも横断歩道だからと安心せず安全確認を十分に行いましょう。また、運転手に早く発見してもらえるように、明るい服装や反射材などを身につけましょう。
反射材です
   

情報発信元

土木部交通施設課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎4階)
電話番号 04-7167-1304
ファクス 04-7163-3728
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート