交通栄誉章緑十字金章受賞者市長表敬訪問

最終更新日 2018年2月28日

ページID 045192

印刷

市長との記念写真
        (左から、柏交通安全協会 玉置局長、恩田会長、秋山市長)

平成30年1月19日に、秋篠宮同妃両殿下御臨席の下、開催された第58回交通安全国民運動中央大会において、長年、市内の交通安全に貢献された柏交通安全協会 恩田公夫会長が交通栄誉章緑十字金章を受賞されました。
緑十字金章は、交通安全の功労者等に贈られる最高の栄誉にあたる賞であり警察庁長官と財団法人全日本交通安全協会長によって表彰されるものです。
本年度は全国で146名のかたが受賞され、千葉県内では6名のかたが受賞されており、本市では過去2名のかたが受賞されており、恩田会長は平成15年以来3人目の受賞となるものです。この受賞の報告のため、秋山市長を訪れました。

交通栄誉章緑十字金章とは

多年にわたり交通安全に尽力し、抜群な功績等があった交通安全功労者に対し、功績に応じて交通栄誉章「緑十字金章」「同銀章」「同銅章」が贈られます。

(補足)交通安全国民運動中央大会(外部リンクが開きます)

市長と話す恩田会長   

恩田会長は、昭和59年交通指導員に委嘱されて以来、率先して柏市の通学路及び主要交差点において監視活動に従事し交通弱者の保護に努めてきました。各種交通安全運動に率先して出動し、交通事故防止チラシの配布・シートベルト着装・違法駐車の追放・安全運転の励行等の呼びかけを展開し、運動を盛り上げ交通安全思想の浸透に努め、交通安全協会長として柏市・柏警察署と連携し柏市の交通事故防止に努めています。
また、柏交通安全協会長として、高齢者交通事故防止対策の取り組みでは、教習所にて「シルバードライバースクール」、自転車事故防止「スケアード・ストレイト自転車安全教室」を市と共同開催、交通安全のチラシ類配布、広報車による広報啓発活動の実施等交通事故防止に努めてきました。平成元年には、暴走行為追放のため市当局に働きかけ、市議会において暴走族追放宣言とともに交通安全対策の強化宣言が採択され、暴走族追放に対する市民の意識高揚に大きく貢献しました。

柏交通安全協会の主な活動

  • 桜まつり、柏まつり、手賀沼エコマラソン、東葛駅伝等の雑踏整理
  • 交通安全運動期間中の街頭監視及び啓発活動
  • 交通安全各種イベントでの啓発活動
  • 地域の行事での雑踏整理等
  • 高齢者自転車ヘルメット着用推進事業

出動式    啓発活動    

    交通安全運動出動式               交差点において啓発活動

ゲートボール    ゲートボール1

      交通安全ゲートボール大会(市・警察署・交通安全協会協同で開催)

スケアード1    スケアード2

  スケアード・ストレイト自転車交通安全教室(市・警察署・交通安全協会協同で開催)

ヘルメット

  自転車ヘルメットの重要性について説明
   (高齢者交通安全講習会にて)

(平成30年2月28日掲載)

情報発信元

土木部交通施設課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎4階)
電話番号 04-7167-1304
ファクス 04-7163-3728
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート