平成28年中の交通事故統計

最終更新日 2018年1月11日

ページID 017017

印刷

平成28年中の交通事故発生状況 (統計資料は千葉県警察より)

千葉県の平成28年中の交通事故死者数は185人で全国ワースト2位でした。その内高齢者が99人と5割以上を占めており、歩行中及び自転車乗車中に事故にあい亡くなられたかたも5割以上を占めていました。柏市では、平成28年中に1,238件の交通事故が発生し、1,458人のかたが怪我をし10人のかたが亡くなられています。27年と比べて件数及び負傷者数は減少していますが、死者数は4人増えてしまいました。

(本ページのもくじ)

全国・千葉県・柏市の交通事故発生状況

死者数の多い都道府県

県内交通死亡事故発生状況

死亡事故の主な原因

柏市内交通事故発生状況

3(サン)・ライト運動

全国・千葉県・柏市の交通事故発生状況

全国・千葉県・柏市の交通事故発生状況
発生件数 前年比 死者数 前年比 負傷者 前年比
全 国 499,201件 -37,698件 3,904人 -213人 618,853人 -47,170人
千葉県   18,022     -628  185    +5

  22,396

     -866 

柏 市     1,238       -154      10    +4

  1,458

   -234 

死者数の多い都道府県(ワースト10)

死者数の多い都道府県(ワースト10)
区分

1

2 3 4

5

6 7 8 9 10
愛知 千葉 大阪 東京 北海道 兵庫 埼玉 茨城 福岡 神奈川
28年中 212 185

161

159 158 152 151 150 143 140
前年比 -1 +5    -35 -2 -19

-19

-26 +10 -9 -38

県内交通死亡事故発生状況

月別発生状況

区分 1

2

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 合計
人数

28年

19 8 13 18 10 13 11 15 16 26 14

22

185人
27年 11 14 14 20   9 14 10 17 10 18 17 26

180人

前年比

+8

-6

-1

-2

+1

-1

+1

-2

+6

+8

-3

-4

+5人

 

年齢層別・状態別発生状況 ( )内は前年比
区分 歩行中

自転車

乗車中

  二輪

乗車中

  四輪

乗車中

(人)

子ども 1(±0) 0(±0) 0(-1) 2(+2) 3(+1)
若者 2(-1) 1(-1) 9(+5) 9(+2) 21(+5)

高齢者

60(+5) 14(-8) 5(+3) 20(+1) 99(+1)
その他 10(-9) 10(+6) 24(+6) 18(-5) 64(-6)
計(人) 73(-5) 25(-3) 38(+13) 49(±0)

185(+5)

曜日別・昼夜別発生状況(件数)
区分 日 
10 17 14 17 15 12   7  92件
11 11 12 15   9 16 16  90件
21 28 26 32 24 28 23 182件

時間帯別死者数                   

時間帯別 

年齢層別死者数  

年齢層別

詳しくは千葉県警察ホームページ(外部リンクが開きます)をご覧ください。  

死亡事故の原因となった主な違反

前方不注意 、安全不確認、運転操作不適、速度超過、信号無視等があげられます。スピードは控えめに、交通ルールを守り、安全確認はしっかり行ってください。 

柏市内の交通事故発生状況(統計資料は千葉県警察より)      

対象別事故発生状況
対象 件数 負傷者数 死者数
幼児 4 30
小学生 44 58
中学生 16 19
高校生 59 58
高齢者 402 224 4
その他 713 1,069 6
合計 1,238 1,458 10

 対象別 

     <事故類型別事故発生状況>

 事故類型別 

      <昼夜別>             <道路別>

 昼夜別  道路別

道路形状別(件数)
交差点 576

 交

以差

外点

交差点付近  

175

その他 425
踏切   1
その他  61

道路を横断する時は、左右の安全確認を確実に行い、薄暗くなったら周囲の人たちに早く見つけてもらえるよう、明るい服装や反射材等を身につけましょう。また、早めにライトをつけましょう。ドライバーのかたは、「大丈夫だろう」ではなく「危険かもしれない」という気持ちで、スピードは控えめに安全運転に心がけてください。

詳しくは、千葉県警察本部発行の交通白書(外部リンクが開きます)をご覧ください。

3(サン)・ライト運動
夕暮れ時から夜間にかけて多発している歩行者の道路横断中の事故防止を重点としています。 

1・ライト(前照灯) 早目のライト点灯、小まめな切り替え

  • 早めの点灯により、歩行者が車を発見しやすくなり、また、道路を横断するときなどの判断の誤りを防止することができます。
  • 対向車がないときは、小まめにライトを上向きにして歩行者、自転車の早期発見に努めましょう。

前照灯の下向きは「すれ違い用ライト」、上向きが「走行用ライト」です。

2・ライト・アップ(目立つ) 反射材、LEDライト等の活用

  • 歩行者・自転車は、反射材やLEDライト等を身につけ、目立つようにしましょう。

3・ライト(右) 右からの横断者にも注意

  • 交通死亡事故で最も多いのは、車から見て右側から横断してくる歩行者との衝突です。道路の右側にも注意を向けて走行しましょう。

情報発信元

土木部交通施設課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎4階)
電話番号 04-7167-1304
ファクス 04-7163-3728
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート