道路交通法一部改正

最終更新日 2015年3月9日

ページID 016768

印刷

道路交通法一部改正 平成25年12月1日施行

1 無免許運転・免許証の不正取得などの罰則が強化され、無免許運転を助長する車の提供・同乗の罰則が新設されました

無免許運転すると

3年以下の懲役または50万円の罰金

無免許運転をするおそれがある者に自動車・原付を提供すると

3年以下の懲役または50万円の罰金

運転者が無免許であることを知りながら、自動車・原付に乗せてくれるよう運転者に要求・依頼をして同乗すると

2年以下の懲役または30万円の罰金

自動車の使用者等が無免許運転を命じたり、容認すると

3年以下の懲役または50万円の罰金

運転免許証を不正に取得すると

3年以下の懲役または50万円の罰金

2 自転車が道路右側の路側帯を通行することが禁止されました

 以前、自転車などの軽車両は、歩道がない道路の左側にある路側帯と右側にある路側帯のどちらも通行することができましたが、改正後は、左側の路側帯しか通行できません。路側帯を通行するときは歩行者が優先です。(詳しくは路側帯通行方法(PDF形式:84KB)をご覧ください)

右側にある路側帯を通行すると

3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

3 警察官による運転中止命令などブレーキ不良自転車に対する指導が強化されました

  • 警察官は、所定の安全基準を満たしているブレーキ(制動装置)を備えていないと認められる自転車を停止させ、その自転車のブレーキについて検査することができます。
  • ブレーキの整備不良やブレーキ自体がないことが確認された場合、警察官は、その自転車の運転者に対し、ブレーキの整備などの応急措置をとることや運転の中止を命じることができます。
警察官による停止や命令に従わなかったり検査を拒否・妨害すると 5万円以下の罰金

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

土木部交通施設課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎4階)
電話番号 04-7167-1304
ファクス 04-7163-3728
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート