「びゃくしん類」の植栽は規制されています

最終更新日 2015年4月24日

ページID 018089

印刷

柏市では、特産品の梨を赤星病から守るためなし赤星病防止条例(PDF形式:69KB)を制定し、びゃくしん類の植栽を規制しています。

赤星病とは、びゃくしん類を媒体として病原菌が「梨」に寄生し被害を与える病気です。

びゃくしん類の植栽についてご遠慮くださるよう市民の皆様のご協力をお願い致します。

びゃくしん類とは

かいずかいぶき、びゃくしん(いぶき)、たまいぶき、くろいぶき、たちびゃくしん、みやまびゃくしん(しんぱく)、はいびゃくしん(そなれ)、ねず(ねずみさし)、はいねず(おおしまはいねず、みやまねず)及びスカイロケット(えんぴつびゃくしん)等をいいます。

赤星病

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

経済産業部農政課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館4階)
電話番号 04-7167-1143
ファクス 04-7162-0585
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート