こんにちは、今年の夏は本当に暑かったですね。そのような中、様々な方が広場に遊びに来てくれました。

幼児親子も多いけれど小学生の利用も多い

夏休みは特にスペースを共有しながら思い思いに遊びます。幼児はお兄さん、お姉さんの姿をよく見て真似たり、一緒に遊んでもらう時もあります。

児童センタースタッフブログを更新♪

「輪投げに夢中な幼児と見守る中高生」

 夏休みは特にそのような関わり合いが多い期間です。

 小学生のお姉さんたちがリカちゃん人形で遊んでいると、幼児が興味津々で近づいていきました。それに気が付いたお姉さんがハウスを半分こずつにして、「お隣さんごっこ」になりました。また、ピースの多いパズルに挑戦する小学生に、幼児と一緒に遊びに来たお母さんが声をかけ一緒に作ったりする光景もありました。

中高生のボランティアも大活躍

7月27日に行われた「はぐはぐスペシャル~縁日ごっこ&お誕生会」では、幼児親子が金魚つり、輪投げ、的あて、ボールプール遊びなどのコーナーで遊びます。当日はコーナー遊びの係として中高生や地域のかたもボランティアで参加しました。

多世代の交流写真

「みんなどんな金魚が釣れたかな?」

 最初、輪投げのコーナーで輪を投げて遊んでいた幼児が、時間が経つと輪を積み上げて遊び出しました。そのように繰り返し遊んでいるお子さんにボランティアの学生さんがじっくり付き合い、関わり合いを工夫して遊ぶ、ほほえましい場面もありました。最後には幼児親子も地域のボランティアさんも学生さんも一緒に「アンパンマン音頭」を踊り、多世代が交流する楽しい時間となりました。

 南部みんなの広場は0才~18才の子どもが利用できます。そしてお母さん・お父さん・祖父母・さらに学生ボランティアさんや地域のボランティアさんなど、多様な年代が関わり合い、助け合い、喜び合い、笑顔でつながることができる場所です。

 スタッフ一同、笑顔でお待ちしています。ぜひ遊びにいらしてください。

南部みんなの広場児童厚生員 Peach

関連情報

お問い合わせ

南部こどもの広場
電話番号:04-7173-1333 / メールフォーム

ページID : 046854最終更新日 : 2018年10月12日(金曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。