10月28日(日曜日)柏PapaShakeHands(かしわぱぱしぇいくはんず)と共催で行われた「ファミリーデーくんせいに挑戦」についてご紹介します。

 はじめに、くんせい作りを楽しみに集まった子どもたちと保護者が輪になり自己紹介をしました。「お住まいが近くですね」なんて情報交換をしながら、みんな自然に笑顔になっていきます。それから指導者に基本的な段ボールくんせい器の作り方を教えてもらった後、さっそくみんなで作り始めます。保護者が見守る中、子どもたちが箱に絵を描いたり、扉に取っ手を付けたり、家族で協力し、それぞれに工夫をこらしたオリジナルのくんせい器が出来上がりました。

ダンボール箱くんせい器づくり

「どんな段ボールくんせい器ができるかな?」

 さて、いよいよ外に出て、各々のご家庭の好みに合わせて持参した個性豊かな食材をセット。スモークウッドに着火してくんせい開始です。

児童センタースタッフブログを更新しました♪

「チーズに、鮭に、いよいよ食材をセットするよ」

 くんせいが出来上がるまで、外遊びで思いっきり体を動かしました。人気だった遊びは、子どもがチョークで描いた「けんけんぱ」。「丸が小さくて大変だ」と笑いながら、パパもママもゴールを目指して挑戦しました。「手押し相撲」ではパパ同士が対戦。子どもたちの声援の中、大変盛り上がりました。

手押し相撲 けんけんぱ

「手押し相撲やけんけんぱ、懐かしい遊びに子どももパパママも夢中」

 そろそろくんせい器からでている煙も落ち着いてきたかな?箱の中をのぞくとスモークされた食材のいい香りが。くんせいが出来上がりです!さぁ、レジャーシートを敷いて楽しいランチパーティーです。「どれが一番おいしかった?」と聞くと、「チーズ」「チキン」「カキ」「うずらの卵」「手作りの塩漬けポーク」などたくさんの声が上がりました。参加者同士で感想を言い合い「美味しそう!今度は家でやってみよう」と、楽しそうな会話が弾んでいました。

みんなでご飯

「みんな仲良くくんせいを実食、上手くできたかな」

 くんせいがおいしくできたのはもちろんですが、この体験を通して参加者同士がとても仲良くなりたくさんの笑顔が見られたことがうれしかったです。

 毎月第4日曜日の午前中は「ファミリーデー」です。季節にちなんだ行事、プラレール、カプラなど親子でいろいろな遊びを体験できます。ぜひ、ご家族で一緒に高柳児童センターに遊びに来てくださいね!

高柳児童センター児童厚生員 うっちゃん

お問い合わせ

高柳児童センター
電話番号:04-7190-1348 / メールフォーム

ページID : 048711最終更新日 : 2018年12月10日(月曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。