永楽台児童センターの子ども部屋は、20人も入るといっぱいになるくらいの小さな部屋ですが、座ると落ち着く不思議な場所です。そしていつもにぎやかで、子どもたちの笑い声であふれています。乳幼児から小中学生が同じ空間で遊ぶなかで、たくさんの交流が生まれます。

 「赤ちゃん来てる?」「遊んであげる!」と小さい子の相手をしたり、読み聞かせボランティアと一緒に絵本を読んでくれる小中学生。一方でサッカーゲームや人生ゲームに飛び入り参加する乳幼児もいます。心配そうなママをよそ目に、積極的に仲間入りを果たしてご機嫌な様子。優しく受け入れているお兄さんたちを見て、ママもひと安心。途中でやめてしまっても何事もなかったかのようにゲームを続ける小学生たちは、自然とお互いを受け入れていて、見ていてほのぼのとした気持ちになります。


児童センタースタッフブログを更新しました♪
「おうちができたよ!」「わぁい!」

永楽台写真2.
絵本を読むのは小学生のお姉さん

 
 またある時、ハンバーガー屋さんごっこをしている小学生二人を羨望のまなざしで見ていた3歳児数人が、意を決したように「入れて」とお願いしました。声の大きさにびっくりしていた二人も、すぐに相談しあって「いいよ!みんなは見習い店員さんだよ。いろいろ教えてあげる」と、ハンバーガーやドリンクの作り方、接客を伝授していました。そうしてかわいらしい店員さんたちのハンバーガーショップがオープン。お客さんはママたちです。「いらっしゃいませ」の声が響き、オリジナルのハンバーガーも飛び出して店は大繁盛となりました。

 永楽台写真3.
 「いらっしゃいませ~!」

 永楽台写真3.
年がはなれていても、お友だち

 皆さんも楽しい出会いのある永楽台児童センターに、ぜひ遊びに来てくださいね。

                         永楽台児童センター  コナちゃん 

お問い合わせ

永楽台児童センター
電話番号:04-7163-4050 / メールフォーム

ページID : 053177最終更新日 : 2020年1月10日(金曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。