今回は、光ヶ丘遊戯室で行われた「避難訓練」についてご紹介します。

 光ヶ丘遊戯室では、年2回避難訓練と消防訓練を行っています。9月14日に近隣センターで実施された消防訓練にあわせて、遊戯室でも「0才のじかん」に参加している親子10組が参加して避難訓練をしました。

 始まりの手あそびの後、災害への日ごろの備えについて聞いてみると、特に何も準備をしていないかたが多い一方、中には「水とおむつを多めに購入している。試供品のミルクを非常用においている」「いつも持ち歩くバッグに多めのおむつと水、母子手帳を入れている」「離乳食を多めに作って冷凍庫に入れている」など、日頃から工夫しているかたの意見も次々に出て、子どもの命を守る備えについて、参加したみなさんにはよい気付きになったようでした。

児童センタースタッフブログを更新♪

 さて、次は実際の訓練です。あそびの最中に地震が起こったという想定で、合図とともにママたちは子どもを自分のお腹の中に抱え込み、自分の頭も手やカバン等で守りながら、ガラス窓の近くや蛍光灯の下を避けて部屋の隅へ移動し、揺れが収まるのを待ちます。揺れが収まると職員が通路の安全を確認。親子を非常用外階段へ誘導し、広い駐車場へ移動した後、点呼をとり、ケガがないか確認しました。

避難訓練

避難訓練

 今回は簡単な訓練でしたが、それでも子どもを連れた避難のむずかしさを感じたかたもいたようでした。ママからは、「自分一人で子どもを守らないといけないので、よい経験になりました」「今まで、やらないと・・・と思いながらできていなかったので、これを機に必要なものを用意してみます」などの感想が聞かれました。ママだけでなく、パパやご家族ともお宅での備えについても話し合っておくと安心ですね。

 私たち児童センタースタッフも、訓練を生かしてよりスムーズに皆さんを安全に誘導できるよう、避難方法について考えていきたいと思っています。

 次回の避難訓練日については、遊戯室内のポスターや児童センターだよりでお知らせしますので、ぜひ参加してみてください。

光ヶ丘遊戯室児童厚生員 おかちゃん

関連情報

お問い合わせ

光ヶ丘遊戯室
電話番号:04-7170-7600 / メールフォーム

ページID : 044087最終更新日 : 2017年12月12日(火曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。