こんにちは。今回はしこだ児童センターの長寿事業を2つご紹介したいと思います。

 まずは、毎月第4日曜日開催の「釜のめし・柏おもちゃ図書館」から。

しこだ1.

 柏おもちゃ図書館ののれんをくぐると、「こんにちは」とピンクのエプロン姿のボランティアさんが、笑顔で迎えてくれます。もうそれだけで、なんだかほっこり!

 柏おもちゃ図書館には、たくさんの子どもたちが遊びに来ます。おしゃべりが、ちょっぴり苦手な私。歩くのが少し難しい僕。ここは、障がいのある子もない子も、共に遊び交流し、育ちあう場です。

 部屋の中には、みんなの大好きなおもちゃがいっぱい!その中心は手作りの布おもちゃです。壁にかかったアンパンマンのタペストリー、本物そっくりの果物のおもちゃ。楽しい工夫でいっぱいの布絵本などなど……。

しこだ2.

 どれも子ども達のことを考えてつくられた、魅力的な物ばかり!

 見て、触れて遊んで、子ども達はいつの間にかキラキラの笑顔に。

 でも魅力的なのはおもちゃだけではありません。柏おもちゃ図書館の本当の魅力はボランティアさんの存在があってこそ。

 「こうやって遊ぶと楽しいわよ。」「そうそう上手!」、子ども達に優しく声をかけながら保護者のかたと談笑する姿も見られます。

 こんな風にボランティアさんとの交流を楽しみに訪れるリピーターさんもたくさんいます。時には、保護者同士の大切な情報交換の場にもなっています。子どもも大人も大満足のほっとする空間。

 皆さんもぜひ遊びに来てください。

 次に、奇数月の第4日曜日に行われている「子育てミニ講座」をご紹介します。

 この講座は、子育ての悩み・発達の心配など、毎回テーマを変えて、言語聴覚士の高畑和子さんからお話を伺います。

 講座終了後に、希望者は個別相談を受けることもできます。相談内容は、講座のテーマと違うものでも大丈夫です。今一番気になっていることをお話ししてくださいね。

 参加したかたからは「気持ちが楽になりました。」「思い切って参加して良かったです。」という声もたくさん聞かれます。

 また講座の間は、保護者のかたが安心して受講・相談ができるようにと、「柏おもちゃ図書館かたつむり」の皆さんが見守りボランティアをしてくださいます。

 一人で悩まずに、お子さんと一緒に気軽に参加してくださいね。

 今回ご紹介した事業やその他のイベントについては、児童センターだよりなどでお知らせしています。

 しこだ児童センター厚生員一同、皆さんのことをお待ちしています! 

しこだ児童センター児童厚生員  ぽんちゃん

お問い合わせ

しこだ児童センター
電話番号:04-7145-2522 / メールフォーム

ページID : 043285最終更新日 : 2017年10月3日(火曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。