緊急事態宣言発令に伴う保育園等の臨時休園について

最終更新日 2020年6月22日

ページID 054459

印刷


 新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、国によって新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたところです。

 緊急事態宣言の発令を受け、本市の保育園等は、原則として、以下のとおり臨時休園とします。

 ただし、保護者が社会生活を維持する上で必要な事業に従事している等の事情によって家庭で保育できない場合は、各保育園で園児を特別に保育する(以下「特別保育」といいます。)こととします。特別保育利用には「特別保育利用申立書」の提出が必要となります。

 なお、現在保育園等を利用している保護者の皆さまには、園を通じてご案内させていただいておりますので、詳細はそちらの通知をご確認ください。

保護者の皆様へのお願い及び保育園等の臨時休園に関するQ&A

保護者の皆様へのお願い及び保育園等の臨時休園に関するQ&A(別ページにとびます)

(補足)Q&Aにつきましては随時更新いたします。

臨時休園とする施設

  1. 認可保育園 (公立及び私立)
  2. 認定こども園(2号及び3号認定に限る。)
  3. 小規模認可保育
  4. 事業所内保育(認可に限る。)

(補足)認定こども園の1号認定については、各園の判断となります。

臨時休園期間

令和2年4月13日(月曜日)から5月6日(水曜日)まで

【令和2年5月7日更新情報】

  • 臨時休園の期間を延長し、5月7日(木曜日)から5月31日(日曜日)までの期間も臨時休園とします。
  • 緊急事態宣言の期間が延長されたときは、その終期まで延長します。

臨時休園期間中の保育料等について

登園しなかった日に応じて、保育料等の軽減措置を行う予定です。手続き等の詳細は、決定次第、各保育園を通じてお知らせします。

臨時休園期間中の特別保育について

次のいずれかに該当する場合は、臨時休園期間中も園児の特別保育を実施します。

  1. 保護者が社会生活を維持する上で必要な事業((補足))に従事しており、かつ家庭で園児を保育する人がいない場合
  2. 家庭での保育が特に困難であると認められる場合

(補足)社会生活を維持する上で必要な事業の例

医療関係、インフラ関係(公共交通機関、電気、ガス、水道等)、保育・介護関係、運送通信関係、食品・生活必需品供給関係

特別保育利用の手続きについて

特別保育が必要となる方は、「特別保育利用申立書」 を記入し、特別保育を開始しようとする日の2営業日前までに申立書を保育園に提出してください(4月13日(月曜日)から開始しようとする場合は、4月10日(金曜日)までに提出してください。) 。

特別保育実施の要否については、各保育園等で判断します。

臨時休園期間中に新型コロナウイルスの感染者が発生した場合の対応について

新型コロナウイルスに感染した園児や職員が発熱や咳などの症状が出ている状態で登園していた場合には、特別保育利用者も含め休園とします。

休園の期間は、原則として、発症した日の翌日から2週間とします。

問い合わせ先

柏市保育運営課

  • 臨時休園及び特別保育について
    企画運営担当 電話 04-7128-5517
  • 保育料等の返還について
    入園担当 電話 04-7167-1137

情報発信元

こども部保育運営課 企画運営担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館3階)
電話番号 04-7128-5517
ファクス 04-7164-0741
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート