動物愛護ふれあいセンターの土曜開庁イベントについて

最終更新日 2020年6月5日

ページID 042863

印刷

柏市動物愛護ふれあいセンターでは、令和元年度と同様に、令和2年度の毎月第1土曜日の午前中を開庁し、動物に関する様々なイベントを開催する予定でしたが、各地での新型コロナウイルス感染症による患者の発生を受け、当イベントの開催日程を未定とさせていただきます。

今後、当イベントの開催日程が決定しましたら、順次ホームページ等で公開いたします。

(参考)令和元年度に実施したイベント内容紹介

猫の飼い方・しつけ方教室

猫の飼い方・しつけ方教室の写真1

千葉県動物保護管理協会の経験豊かな講師による猫の飼い方・しつけ方教室です。

犬と比較して、猫の飼い方やしつけ方を学べる場が少ないこともあり、毎回参加者の方々から御好評いただいております。

現在猫を飼っている方だけでなく、これから猫を飼う方も受講可能です。

ページのトップへ戻る

犬のしつけ方教室

犬のしつけ方教室の写真

犬のしつけ方教室を基礎講座と実技講座に分けて実施します。

基礎講座で基本的な知識を身に付けたうえで実技講座へと活かすため、実技講座の申し込みは基礎講座を受けた方限定で受け付けます。

実技講座では飼い犬同伴(飼っていない方はセンターの犬を貸し出し)で、講師の指導のもと、しつけの基本となるリーダーウォークや服従訓練の習得を目指します。

ページのトップへ戻る

子ども体験教室(獣医師体験教室・ふれあい体験教室)

夏

5歳から小学3年生を対象とした「ふれあい体験教室」と小学4年生から高校3年生を対象とした「獣医師体験教室」を開催しています。

この体験教室は、夏休み期間限定のイベントとして開催し始めたものですが、毎年多数の参加希望をいただき、抽選となっているため、夏休み期間以外での実施も予定しています。

「ふれあい体験教室」では正しい動物の触り方やいのちの大切さを、「獣医師体験教室」では獣医師のアドバイスの元、動物の模擬診察を行います。

ページのトップへ戻る

防災に役立つ犬猫健康管理教室

震災などの災害時に役に立つ、犬猫のしつけ方法を専門の講師が分かりやすく説明します。

防災しつけ

ページのトップへ戻る

 犬の飼い主の皆さんへ

犬とじゃれる少年

飼い犬の散歩の際に、リードを放してしまったり、ふんを放置するなど、ペットに係るマナーについて市民のかたから苦情が寄せられています。飼い犬の散歩は、犬をコントロールできる長さのリードを付け、行うようにしましょう。公園は、犬が苦手なかたや小さなお子さんも利用します。事故が起きないよう、飼い主の皆さんは責任を持ってペットを管理しましょう。

情報発信元

柏市保健所 動物愛護ふれあいセンター

所在地 〒277-0924 風早二丁目4番地3
電話番号 04-7190-2828
ファクス 04-7193-1211
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください
利用時間 午前8時30分~午後5時15分
休館日 土曜日・日曜日・祝日

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート