ジビエ(野生鳥獣の肉)による食中毒に注意しましょう

最終更新日 2017年11月22日

ページID 043940

印刷

野生鳥獣の肉は、家畜(牛・豚など)や家禽(鶏など)とは異なり、飼料や健康状態などの管理がされていないことから、E型肝炎ウイルス、腸管出血性大腸菌、寄生虫などを保有している可能性があり、生または加熱不十分な状態で食べると、食中毒のリスクがあります。 

市民の皆様へ

ジビエ(野生鳥獣の肉)は、中心部まで火が通るようしっかり加熱して食べましょう。また、調理の際は肉に接触し た器具の消毒を確実に行いましょう。

市内食品関係営業者の皆様へ

  • 捕獲した野生鳥獣肉を食肉として販売するためには、食品衛生法に基づく営業許可が必要です。詳しくは柏市保健所の窓口もしくはお電話にてご相談ください。
  • 飲食店等で野生鳥獣肉を提供する場合には、食肉販売業もしくは食肉処理業の許可を取得した施設で処理された肉を使用してください。また、調理の際は、肉に接触した器具の消毒を適切に実施するとともに、中心部まで火が通るようしっかり加熱してください。

(補足)

千葉県内で捕獲されたイノシシ肉については、全頭検査により放射性セシウムが基準値以下であることが確認されたイノシシ肉についてのみ出荷が認められています。個体番号及び放射性セシウムが基準値以下である旨が表示されていることを確認のうえ、取り扱うようお願いします。

(クリックすると外部リンクが開きます)

千葉県 県産野生鳥獣肉の放射性物質検査結果

厚生労働省 ジビエ(野生鳥獣の肉)はよく加熱して食べましょう 

厚生労働省 生シカ肉を介するE型肝炎ウイルス食中毒事例について 

厚生労働省 クマ肉による旋毛虫(トリヒナ)食中毒事案について 

情報発信元

柏市保健所 生活衛生課

所在地 柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)
電話番号 04-7167-1259
ファクス 04-7167-1732
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート