熱中症を予防しましょう!

最終更新日 2018年7月27日

ページID 035355

印刷

熱中症注意

熱中症は、屋内外に関わらず発生します。

熱中症にかからない楽しい夏を過ごすために、次のような点に注意しましょう。

熱中症とは

熱中症とは、室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の障害など、様々な症状をおこす病気です。

また、気温などの環境条件だけではなく、体調や暑さへの慣れなど、身体の条件も影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や突然暑くなった日、体が暑さに慣れていない時は、屋内外を問わず注意が必要です。

熱中症は予防が大切です

こんな日は注意

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風が弱い
  • 急に暑くなった

(補足)久しぶりに暑い環境で活動する時にも注意してください。

こんな人は特に注意

  • 高齢者
  • 幼児
  • 肥満の人
  • 体調の悪い人
  • 持病のある人
  • 暑さに慣れていない人

熱中症の予防法

  • 本格的に暑くなる前から、暑さに備えた体作りをする(運動後にたんぱく質を摂取すると効果的)
  • 日傘・帽子の使用
  • 涼しい服装
  • 水分(汗をかいたときには塩分も)をこまめにとる
  • 日陰を利用
  • こまめに休憩 

(注意)高齢者の注意点
「のどがかわかなくても水分補給」「部屋の温度をこまめに測る」
高齢者は温度に対する感覚が弱くなるため、のどの渇きや暑さを感じる前に対策をとることが重要です。

(注意)幼児は特に注意
幼児は体温調節機能が十分に発達していないため、特に注意が必要です。晴れた日には、地面に近いほど気温が高くなるため、幼児は大人以上に暑い環境にいます。

熱中症になった時は

応急手当

涼しい場所へ避難衣服を脱がせ、身体を冷やす→水分と塩分の補給

こんなときはためらわずに救急車を!!

  • 自分で水が飲めない
  • 脱力感や倦怠感が強く、動けない
  • 意識がない、おかしい
  • 全身のけいれんがある、など

(補足)このような症状は、生命に関わる場合があります。ためらわずに救急車を呼びましょう。

関連情報

熱中症についてもっと詳しく知りたい、マニュアル・チラシなど

暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)について(環境省熱中症予防情報サイト内)

柏涼み処

柏市内で「柏涼み処」のステッカーが貼ってあるお店や事業所では体調が悪くなったときに涼むことができます。ご活用ください。詳細は下記ホームページより。

「柏涼み処」ホームページ(外部リンクが別ウィンドウで開きます)

その他外部リンク

情報発信元

柏市保健所 保健予防課

所在地 柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)
電話番号 04-7167-1254
ファクス 04-7167-1732
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート