在宅医療情報紙「わがや」

最終更新日 2020年3月1日

ページID 015916

印刷

ロゴ

「高齢化に対応したまちづくり」に向けて

柏市では「高齢化に対応したまちづくり」に向けて医療・看護・介護が連携した地域包括ケアを実現するための取組みを行っています。住み慣れた地域で暮らし続けるために、ご家族など周りの人と話し合うきっかけになればと考え、在宅医療情報紙「わがや」を発行しています。
「わがや」は医療・介護専門職及び地域の方々と協働で作成しています。また、第4・5号の発行にあたっては、市民の方からの寄附基金を充てています。

在宅医療情報紙「わがや」最新号(令和2年3月1日発行)

在宅医療情報紙「わがや」第15号 令和2年3月1日発行

「わがや質問箱特集パート2」わがや10~13号に寄せられた質問の「家族の心配」に、介護経験のあるご家族に回答いただきました。

(補足)第16号の発行は、令和2年9月1日を予定しております。

バックナンバー

わがやくんイラスト

「わがや質問箱特集」在宅医療はどこまでの治療をしてもらえますか?/夜に体調が悪くなったら家まで来てもらえますか?/ひとり暮らしでも受けられますか?/自宅でも薬の説明をしてもらえますか?/市内の在宅医療を行える医療機関はどれくらいありますか?

iさんシリーズ4.「在宅医療のこと、もっと知りたい」在宅医療をサポートするひとたち/在宅医療にかかる費用

iさんシリーズ3.「在宅医療って、なあに?」在宅医療ってなあに?/だれでも受けられる?/患者さんが選ぶ1つの選択肢

iさんシリーズ2.「家族の病気と共に生きる」在宅医療チームのサポート/働きながら介護するという選択

iさんシリーズ1.「うちのパパががんに?!家族の病気に向き合おう」緩和ケア/相談先/がんサポートハンドブック

「まちをあなたを支える人・ひと・ヒト」地域の支えあい活動/私らしく生活したいをチームプレーで支えます!

「今すぐできる!ハッピーエンドのためのチョットずつ準備」わたしの望みノート/訪問診療ドクターの1日

「知ることから始めよう!みんなの認知症入門」認知症Gさんの喜怒哀楽/今日から私もサポーター(認知症サポーター養成講座)

「ココロとカラダの健康は社会参加がキーポイント」やりたいことからスタート!!/在宅療養に必要なお金のはなし

「安心のキーワードは支え合う住民の力」民生委員は身近なサポーター/地域の支えあい助けあいの活動紹介/ケアラーズカフェ

「いつまでも元気で暮らすために今からできること」地域の活動紹介/地域包括支援センター/退院時共同指導/柏地域医療連携センター

「安心して暮らし続けるための柏のまちづくり」柏プロジェクト/地域の支えあい助けあいの活動紹介

「もっと知りたい在宅医療にできること!」在宅医療の対象/自己負担額/多職種によるサポート/医療用麻薬の利用/訪問看護とは

「住み慣れたわが家で最期を迎えるには・・」上手な相談のコツ/相談先/看取りケアの様子/民生委員/地域の支えあい助けあいの活動紹介

「在宅医療ってなあに?」在宅医療できること!いいところ!

情報発信元

保健福祉部地域医療推進課

所在地 柏市豊四季台1丁目1番118号(柏地域医療連携センター1階)
電話番号 04-7197-1510
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート