平成25年度第3回柏市地域包括支援センター運営協議会会議録

最終更新日 2014年4月24日

ページID 017235

印刷

1 開催日時

平成26年3月20日(木曜日) 午後1時30分から

2 開催場所

柏市中央体育館管理棟2階会議室

3 出席者

(1) 委員

渡部昭、田嶋泰子、平野清、横山幸夫、村田恒、松田由美、平野準子、渡辺良明、田中秀男

(2) 事務局

  • 保健福祉部長(下隆明)
  • 保健福祉部次長兼保健福祉総務課長(上野哲夫)
  • 保健福祉部次長兼生活支援課長(宮本治道)
  • 福祉政策室長(松本直樹)
  • 高齢者支援課長(秋谷正)
  • 介護基盤整備室長(渡辺清一)
  • 障害福祉課長(枝川政子)
  • 福祉活動推進課長(佐藤髙市)、同統括リーダー(黒崎雄三)、同専門監(根本暁子)、同専門監(野口綾子)、同担当リーダー(松下好美)、同担当(奈桐明己、松沢宏治、高橋靜香、谷本大輔)
  • 柏北部地域包括支援センター(山本センター長)
  • 北柏地域包括支援センター(斉川センター長)
  • 柏西口地域包括支援センター(小野田センター長)
  • 柏東口地域包括支援センター(國府田センター長)
  • 光ヶ丘地域包括支援センター(斎藤センター長)
  • 柏南部地域包括支援センター(室谷センター長)
  • 沼南地域包括支援センター(山口センター長)

4 欠席者(委員)

須田仁

5 傍聴

傍聴人 2名

6 議題

(1)制度改正案の主な概要

(2)平成26年度地域包括支援センターの実施体制について

(3)今後の地域包括支援センター機能強化に向けて

(4)平成26年度地域包括支援センター運営方針について

(5)地域包括支援センター評価事業の実施について

(6)介護予防支援業務委託について

7 議事

(1)制度改正案の主な概要

【事務局より説明】

質疑及び意見

【平野清委員】

これから市町村に移行するわけだが、市として具体的に考えているか。

【福祉活動推進課佐藤課長】

国の方針が具体的に出された時点で具体的に進めていく。

【平野清委員】

予算は大丈夫か。

【高齢者支援課秋谷課長】

予防給付から市町村が取り組む地域支援事業に移行し、通所サービスや訪問サービスは国としても高齢者の増加に伴う給付費の急な伸びを抑えたいということである。柏市としても当面は予防給付が減った分を補う形になると思う。既存のサービス事業所にも聞きながら、サービスが不足しないような形で中長期的に考えていく。

【渡部会長】

予算は介護保険料から出すのか。

【高齢者支援課秋谷課長】

地域支援事業は介護保険特別会計の事業である。

【村田委員】

新しい地域支援事業は平成29年度末までに行うとのことだが、柏市としては国の方針が出た時点で早い時期に実施するか、ギリギリまで待つか。

【高齢者支援課秋谷課長】

介護保険事業所には意見をとっていきたい。心配なのは、新しい事業に変わりサービスが利用できなくなったと言うことがないように、新しいサービス事業所の意見を聞きながら今まで以上の基盤を作っていきたい。サービスの途切れがないように万全な体制で移行する必要があると思う。

(2) 平成26年度地域包括支援センターの実施体制について

(3) 今後の地域包括支援センター機能強化に向けて

【事務局より説明】

質疑応答及び意見

 【高齢者支援課秋谷課長】

資料1の5ページについて、健康福祉審議会高齢者専門分科会では5月と7月は、主だった重点的な施策の検討を行う。その中で地域包括支援センターの機能強化についても取り上げる予定である。8月から9月は地域包括支援センターの協力を得ながら各地域で市民や関係者への説明や意見聴取を行う予定である。

【平野清委員】

地域包括ケアシステムについては国は包括センター単位で考えているので、きめ細かくサービスを提供することが必要である。医師会として現在も包括が主催する会議に出席しているが、医者がどこまでこのような会議出席ができるのか心配である。包括ケアシステムとして現在豊四季で取り組んでいる柏モデルは全国から注目されているので頑張っていかなければならない。医師会としても地域に出て行くことが出来るように協力していきたいと思っている。

【横山委員】

増設の考え方としては、高齢者が多い地域ということで認識しているが、平成32年までの増加率が高い地域がある。今後は小圏域にも目を向けて検討していく構想はあるか。

【福祉活動推進課佐藤課長】

まずは現在3つ以上あるエリアの分け方を確認した上で、小圏域の考え方を確認したい。

【高齢者支援課秋谷課長】

高齢者人口とエリアとの線引きの関係もあるので、その辺りの意見を聞くことも必要である。これはあくまで事務局案である。

【横山委員】

では、資料1(4ページ)の地区割りは決定ではないということか。

【高齢者支援課秋谷課長】

そうです。

【村田委員】

増設に関する事業者選定について、新たな法人とはどのような法人のことか。包括の分割エリアについては表記のとおりで問題ないと思う。増設の時期については、財政面の問題もあると思うが、個人的には一斉に開設したほうが良いのではないかと思う。

【福祉活動推進課佐藤課長】

事業者選定については、一般的な公募スタイルと考えている。具体的なことは今後ご意見を頂き検討したい。

【高齢者支援課秋谷課長】

業者選定における「公平性及び競争性」については、法人の地域の知名度や特性、定着度などを踏まえている事業所が強いのではないかと思っている。行政としては誘導できないので、委員の皆様からも業者選定についてもご意見を頂ければと思っている。現在の日常生活圏域は包括の数とほぼ合致している。あまり圏域を細分化してしまうと地域密着サービスの量や包括の業務量にも格差が出てくる可能性があるので、現在の7つの圏域を維持しながら、ネットワークの構築や個別相談を地域ケア会議等を利用しながら、効率的に運営したほうが良いのではないかと思っている。

【渡辺委員】

日常生活圏域の区割りについて、社会福祉協議会等の区割りと同様か。また、ふるさと協議会22分割と包括の区割りと連動しているか。

【福祉活動推進課佐藤課長】

地区割りについては、ふるさと協議会の地区割りや民生委員の地区単位など念頭に入れて考えていく。

【渡部会長】

業者の公募については、既存の7包括の法人も含めて公募するのか。

【福祉活動推進課佐藤課長】

個人的には既存包括も含めて対応する必要があると考えている。

【渡部会長】

本会としての意見をまとめる。エリアの設定や職員の増員については事務局案で如何か。

【異議なし】

【渡部会長】

増設の時期については一斉か分割か。出来れば一斉の方がよいのではないか。

【できれば一斉の方がよいとの声あり】

【福祉活動推進課佐藤課長】

一斉の場合は、人材育成の期間や負担も考えられる。松戸市は一斉に11箇所に増設したが、その辺りの対応も聞きながら進めていく。

【渡部会長】

一斉の場合は、当初で行ったような直営という考え方もあるか。

【福祉活動推進課佐藤課長】

柏市も当初は直営で行っていたが、これからは委託で考えている。

【渡辺委員】

今後、地域支援事業に移行していく中で、包括増設が一括となると包括もかなり混乱するかと思うし、関係するケアマネもかなり心配な点もある。その辺りも加味して検討して頂きたい。

【保健福祉部上野次長】

事業者選定については、本日頂いたご意見を参考に、それぞれのメリットデメリットを勘案した上で検討する必要がある。

(4) 平成26年度地域包括支援センター運営方針について

【事務局より説明】

質疑応答及び意見

【田中委員】

包括についての相談を受けた。身体障害を負い包括へ相談へ行ったが、相談者のニーズに対応した答えが得られなかったようである。相談者は精神的に追い込まれて相談に行くと思う。法律のことや業者の選定についてなど、もう少し親身になって対応してもらっても良かったのではないか,と思った。

【渡部会長】

これは評価につながるご意見でした。この運営方針は、平成25年度のものを改変したものですか。皆さんこの運営方針でよろしいでしょうか。

【異議なし】

(5) 地域包括支援センター評価事業の実施について

【事務局より説明】

質疑応答及び意見

【渡部会長】

昨年度から始まった評価だが、包括から代表してどうだったか報告してください。

【西口地域包括支援センター小野田センター長】

昨年度の評価では概ね好評の声を頂いたが、中には接遇面など厳しいご意見も頂いたので、その部分は改善に努めたつもりだが、今年度どのような評価に繋がるか興味がある。

【渡部会長】

地域包括支援センターの評価を行っているのは、全国でも3割程とのことである中で柏市は先駆的に行っており、良いことだと思う。他市の評価委員を行っているが、委員によって考え方や物差しが異なってしまうので、研修を行うことは賛成である。今後の結果を楽しみにしている。

(6)介護予防支援業務委託について

【事務局より説明】

質疑応答及び意見

【平野委員】

マザアス居宅介護支援事業所は、流山市の事業所はなくなるということか。

【事務局】

そうです。柏市内へ移転したため、事業所番号も新たに取り直しとなっている。今後もこのように移転等により事業所番号等が新規となった事業所については、その都度運営協議会で審議していただくということでよろしいか。

【異議なし】

【渡部会長】

では、これらの委託については委託可能としてよろしいか。

【異議なし】

8 次回開催

平成26年5月15日(木曜日)予定

以上

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

  黄色背景太文字の日が開催日です。

情報発信元

保健福祉部地域包括支援課

所在地 柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)
電話番号 04-7167-2318
ファクス 04-7167-8381
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート