平成25年度第1回柏市地域包括支援センター運営協議会会議録

最終更新日 2013年8月27日

ページID 016167

印刷

1 開催日時

平成25年7月18日(木曜日)午後1時30分から

2 開催場所

ウェルネス柏大会議室

3 出席者

(1) 委員

渡部昭、須田仁、平野清、横山幸夫、松田由美、平野準子、田中秀男

(2) 事務局

  • 保健福祉部長(下隆明)
  • 保健福祉部次長兼保健福祉総務課長(上野哲夫)
  • 高齢者支援課長(秋谷正)
  • 介護基盤整備室長(渡辺清一)
  • 生活支援課(代理出席:酒巻副参事)
  • 福祉活動推進課長(佐藤髙市)、同統括リーダー(黒崎雄三)、同専門監(根本暁子)、同専門監(野口綾子)、同担当リーダー(松下好美)、同担当(松沢宏治、高橋靜香、谷本大輔)
  • 柏北部地域包括支援センター(山本センター長)
  • 北柏地域包括支援センター(斉川センター長)
  • 柏西口地域包括支援センター(小野田センター長)
  • 柏東口地域包括支援センター(國府田センター長)
  • 光ヶ丘地域包括支援センター(斉藤センター長)
  • 柏南部地域包括支援センター(室谷センター長)
  • 沼南地域包括支援センター(山口センター長)

4 欠席者(委員)

田嶋泰子、村田恒、渡辺良明

5 傍聴

(1) 傍聴人

1人

(2) 傍聴の状況

傍聴要領に反する行為は、見受けられなかった。

6 議題

(1) 平成25年度地域包括支援センターの実施体制について

(2) 平成24年度柏市地域包括支援センター活動実績について

(3) 地域包括支援センター活動計画

(4) 地域包括支援センター評価事業の実施について

(5) 介護予防支援業務委託について

7 議事

(1) 平成25年度地域包括支援センターの実施体制について

【事務局より説明】別添資料1のとおり

(2) 平成24年度地域包括支援センター活動実績

【事務局より説明】別添資料2のとおり

質疑応答及び意見

以下、主なもの

  • 田中委員
    2P(3)イの中に、医療拠点という言葉が入っているが、それはどういった内容のものなのか。
  • 上野保健福祉部次長
    医療拠点は豊四季台団地に平成26年3月立ち上げ予定の施設。医療と介護等、多職種連携の上、例えば入院医療から在宅医療へのスムーズな移行が図れるような機能を持つ。柏市及び医師会をはじめとした三師会で連携しながら開設に向けて準備を進めている。

(3) 地域包括支援センター活動計画

【各地域包括支援センター長より説明】別添資料3のとおり

質疑応答及び意見

  • 渡部会長
    在宅介護支援センター廃止に伴い、なにか支障はあったか。
  • 事務局
    在宅介護支援センターの機能については、包括支援センターへ順次移管していた。その中で、支障がまったく無かったわけではないが、スムーズに移管出来たように思う。
  • 松田委員
    権利擁護の観点で、消費生活センターに所属している私から。高齢者の消費者被害を未然に防ぐためにも、なるべく最新の情報を地域ごとにまとめ、各包括へスピーディに情報提供・共有したいと考えている。各包括からも何か情報等あれば連絡・相談いただきたい。お互いの立場を活かし、連携出来ればと思う。
  • 渡部会長
    各包括の活動計画は見やすくなった。

(4) 地域包括支援センター評価事業の実施について

【事務局より説明】別添資料4のとおり

質疑応答及び意見

  • 渡部会長
    各地域包括支援センターから今回の評価についてはどのように受け止めているか。
  • 沼南包括山口センター長
    アンケートの回答コメントの中には辛らつな意見もあった。直接的な意見であれば具体的に検討・改善できるが、間接的なアンケートではそこの部分が出来ないので煮え切らない気持ちもある。ただ、意見は意見として職員間で重く受け止めている。
  • 北柏包括斎川センター長
    山口センター長からもあったように、アンケートのコメントに最初はショックを受けた。コメントについては、職員間で回覧して受け入れるようにしている。
  • 北部包括山本センター長
    評価結果は真摯に受け止めている。今後の活動にも活かしていけるので、このような評価はありがたい。
  • 西口包括小野田センター長
    厳しいアンケートコメントもあり、今後の改善点としていきたい。センターとして十分に注意していたはずの部分でも外部からの意見では異なるものもあった。センター内部で評価結果は共有している。
  • 東口包括国府田センター長
    辛らつでショックを受けるような意見もあった。事実として受け止め、職員間で共有するとともに今後の対応等に活かしていきたい。
  • 光ケ丘包括斉藤センター長
    経験年数の差からくる職員のスキルの差なども指摘があった。自己評価等含め、センター内で今回の評価は今後にも活かせるため良かった、として共有している。
  • 南部包括室谷センター長
    センター内部でのミーティングで評価結果については情報共有している。良かった内容、悪かった内容含め、今後の改善点として活かしていく。
  • 渡部会長
    アンケートについてのコメントが多いようだが、センターに対しては良い意見が大半を占めるので、辛らつな意見については重く受けすぎずに今後も活動してもらいたい。「評価することは良いこと」ということを確認していただければ。
  • 横山委員
    100%の満足は現実的にはない。ショックから早く立ち直り、評価結果を今後の活動の参考にしていただきたい。包括支援センターの存在を知らないという意見も出ているので、周知の方法など、歯科医師会としても協力出来る部分もあるかと思うので、相談していただきたい。
  • 渡部会長
    評価結果はホームページには開示するか。
  • 事務局
    ホームページに評価結果を開示する予定はない。その理由としては、各センターの各事業ごとに○、×を付けている部分があるが、これはあくまで自己評価であり、これをもって各包括に順番をつけるなど、市としての意図と異なる部分が出てしまう可能性もあるため。
  • 渡部会長
    それぞれの自治体によって、評価の仕方、開示の方法などに差があるが、それはそれでいいと感じる。また、各センターの事務所の仕切りの置き方なども含め事務所内の雰囲気にも大事な部分であると個人的に思う。 所管課である福祉活動推進課の佐藤課長、なにかご意見等あるか。
  • 佐藤課長
    今回はこのようなかたちをもって評価としたが、今後の事業評価にも結びついていくものと確信している。今後とも工夫していきたい。
  • 渡部会長
    全体的にみて、良い評価結果だと思う。各センターにおいては自信をもって活動をしてもらいたい。

(5) 介護予防支援業務委託について

【事務局より説明】別添資料5のとおり

質疑応答及び意見

  • 田中委員
    6番目のあけぼの介護センター流山は苦情対応11件と、他事業所と比較すると多い。簡易的に記載されている苦情対応内容の詳細について伺いたい。
  • 事務局
    本運営協議会に諮る前に、この件に関しては事前に福祉活動推進課より当該事業所へ問い合わせている。そして、細かい部分の苦情が多いが、マニュアルどおり適切に対応していることは把握している。また、利用者の総数が多いことも苦情件数が多いことと関連しているものと考えている。
  • 渡辺会長
    委託については、承認ということでよろしいか。
  • 全委員
    異議なし。
  • 渡部会長
    では、委託可とする。

(6) その他

  • 渡部会長
    各センターの休日連絡体制は整っているか。
  • 事務局
    はい。緊急時携帯電話でもって対応している。

8 次回開催

11月中を予定

以上

情報発信元

保健福祉部地域包括支援課

所在地 柏市柏下65番1号(ウェルネス柏3階)
電話番号 04-7167-2318
ファクス 04-7167-8381
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート