障害者 日常生活用具

最終更新日 2019年4月1日

ページID 003979

印刷

  • 障害や疾病の種別ごとに、日常生活の便宜を図るための用具等を購入した費用の一部又は全部を助成します(修理費は対象となりません)。
  • 障害者手帳未所持で障害者総合支援法で定める難病に該当する方についても、日常生活用具が必要と認められる場合については、対象となります(医師の意見書等が必要となります)。

自己負担額

  • 日常生活用具費を助成するにあたって、利用者の世帯の市民税額の合計に応じて、利用者の一部負担があります。世帯の範囲は、18歳未満の利用者は「世帯全員」、18歳以上の利用者は「本人及び配偶者」となります。
自己負担額
所得区分 利用者負担額
1 生活保護世帯 0円
2 市民税所得割非課税世帯 0円
3 市民税所得割課税世帯 基準額の一割負担
(上限額37,200円)
4 利用者本人または世帯員のうち市民税所得割の最多納税者の課税額が46万円以上 支給対象外のため全額負担

対象となる品目

日常生活用具の品目は以下をご覧下さい。

日常生活用具品目一覧(PDF形式 119キロバイト)

  • 乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害は肢体不自由に準じます。
  • 耐用年数を超えない時点での助成は、原則として行いません。
  • 介護保険該当のかたは、介護保険が優先となる品目があります(介護度により利用できないかたについても同じです)。
  • 住宅などに設置する必要がある用具であって、設置に取付費用がかかる場合は、6万円を限度に助成します。
  • 品目によっては、施設に入所していると利用できないものもあります(詳しくはお問い合わせ下さい)。

申請手続きの流れ

購入後の手続きでは助成できません。必ず事前に申請して下さい。

要件の確認

品目ごとに、対象の障害種別や等級、年齢などの要件があります。また再購入の場合は、前回購入時期から品目ごとに設定されている耐用年数が経過していることが必要です。事前に必ず要件についてお問い合わせ下さい。

必要書類

  • 申請書(PDF形式 53キロバイト)
  • 生活保護受給証明書(生活保護を受給している場合)
  • 転入により柏市で市民税額を確認できない場合、前住所地の自治体発行の市民税課税(非課税)証明書
  • 見積書(業者に作成依頼します。見積書は業者から直接、市役所障害福祉課へ送付も可能です。)
    見積書作成方法(業者の様式で可)
    • あて名は「柏市長あて」にして下さい。
    • 見積書の余白に、対象者の氏名・住所・電話番号を記入して下さい。
  • その他添付書類(医師の意見書など) 購入する品目や要件によって必要な場合があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • ストーマ装具(消化器系、尿路系)及び紙おむつの申請は、年に2回、6か月分(4~9月、10~翌年3月)を申請します。
    ((補足)2回目以降の継続申請の場合は、申請時期に市役所障害福祉課からお知らせします。)

助成の方法

  • 購入にあたっての助成額は、原則として業者による代理受領となります。
  • 申請したかたに対しては、決定通知書に合わせて、申請した日常生活用具の現物と交換できる1.「交付券」と2.「請求書兼委任状」を送付します。
  • 上記の書類がご自宅に届いたら、業者と連絡を取り、日常生活用具を受け取って、1.と2.の書類を業者に渡して下さい(書類には受け取りの確認のため氏名を記入、押印する欄がありますので、必ず記入、押印の上渡して下さい。
  • 1割の自己負担があるかたは、業者に直接自己負担額をお支払いの上、領収書を受け取って下さい。

関連ファイル

PDFファイルを閲覧していただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトからダウンロードしてご利用下さい。
Get ADBE READER

情報発信元

保健福祉部障害福祉課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館2階)
電話番号 04-7167-1136
ファクス 04-7167-0294
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート