介護保険住宅改修費支給

最終更新日 2019年3月27日

ページID 049641

印刷

介護保険の認定(要介護・要支援)をお持ちの方を対象に、手すりの取付け等特定の工事に対して、20万円を上限とした工事費用の7割から9割が住宅改修費として支給される制度です。

ご利用になるためには、必ず工事前に必要書類をご提出いただく必要があります。

対象のかた

介護保険の要支援または要介護認定を受けているかた

対象工事

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取り替え
  • 洋式便器等へ便器の取り替え 

また、これらの工事に伴う付帯工事についても対象となるものがあります。

利用の流れ

1.相談をする

ケアマネジャーに相談します。ケアマネジャーが決まっていない場合は、お住まいの地域の地域包括支援センターへ相談します。

2.事前協議書類を提出

工事を始める前に、下記のものを高齢者支援課へ提出します。

  • 事前協議書
  • 住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャー等が作成します。)
  • 工事箇所の写真(日付入り)
  • 工事の見積書(被保険者本人あて)等

3.市の審査を受ける

提出いただいた書類を、審査します。審査には、原則1週間から10日ほどお時間がかかります。
(書類内容や工事内容によってはさらにお時間をいただく場合があります。)

審査が終わり次第、事前協議終了のお知らせ(着工許可)をします。

4.工事・支払い

工事が終わったら、費用を工事の事業者に支払います。

5.事後申請書類を提出

下記の書類を、高齢者支援課へ提出します。

  • 支給申請書
  • 改修後の写真(日付入り)
  • 領収書(原本、被保険者本人フルネームあてのもの)

6.住宅改修費の決定及び支給

ご提出いただいた事後申請を審査し、認められると、市より対象工事費用の7割から9割を指定の口座に支給します。
なお、支給日は事後申請のあった日の翌々月の第一営業日です。

関係書類等

平成30年7月13日の厚生労働省通知により、住宅改修に際してケアマネージャーから利用者に対し、複数の見積もりを取るよう説明することが義務化されました。これを受け、住宅改修が必要な理由書に前述の説明を行ったかを確認するチェック欄を設けました。平成31年4月以降は、上記の様式を必ずご利用ください。

情報発信元

保健福祉部高齢者支援課 介護サービス担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎別館2階)
電話番号 04-7167-1135
ファクス 04-7167-1282
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート