投資・金融トラブル

最終更新日 2017年12月26日

ページID 044548

印刷

仮想通貨のトラブル

「相談事例」

  1. 投資セミナーで「必ず値上がりする」「必ず儲かる」などと言われて、100万円分の仮想通貨を購入したが、その後、業者と連絡が取れなくなった。
  2. 知人の「儲かる」との勧めで、業者から400万円分の仮想通貨を購入した。ログイン名やパスワードを教えてもらったが、インターネットを利用しないので、よく分からない。解約したい。

「アドバイス」

  • 仮想通貨は、「法定通貨(日本円やドル等のように、国がその価値を保証している通貨)」ではありません。インターネット上でやりとりをする電子データです。
  • 仮想通貨は価格が変動することがあり、価格が急落して損をする可能性があります。
  • 仮想通貨交換業者は、金融庁財政局の登録が必要です。利用する際は、金融庁財政局「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」(外部リンク)で、登録しているかどうかを確認してください。(仮想通貨交換業者とは、仮想通貨と法定通貨、または仮想通貨同士を交換するサービス等を行う事業者です。)
  • 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)を十分に理解してから行ってください。
  • 上記の相談事例のような、仮想通貨を利用した詐欺や、悪質商法に注意しましょう。

未公開株の二次被害

以前、未公開株を買った事がある人からの相談が増えています。強引な電話勧誘で困っているというものです。

「損を取り戻せる」などと話を持ちかけ、新たな未公開株を買わせたり、損を取り戻す費用を払わせるという手口です。
中にはNPO法人を名乗る所もあるようです。未公開株を買った人をターゲットとした二次被害と思われます。

そもそも、未公開株の契約については、上場予定と偽った勧誘や、発行会社自体が架空のものなど、詐欺的なトラブルが多発しています。 

特定商取引に関する法律で、断っている人への再勧誘は禁止されています。きっぱりと断りましょう。

お困りのこと、気になることがありましたら、お気軽に消費生活センター相談窓口へ 

情報発信元

市民生活部消費生活センター

所在地 柏市柏下73(中央体育館管理棟1階)
電話番号 04-7163-5853
ファクス 04-7164-4327
メールフォーム
利用時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時 (相談受付 午前9時~午後4時30分)
休館日 土曜日・日曜日・祝日、年末年始

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート