柏生活クラブ

最終更新日 2017年12月28日

ページID 018135

印刷

 柏生活クラブは昭和48年に発足し、40年間にわたり消費生活に関する知識の普及及び情報提供等、消費生活に関する啓発活動を実施してきました。また同年より、千葉県消費者団体連絡協議会にも加入しております。

 発足当時の大量生産・大量消費の時代に、「ゴミ公害と包装について」の市民アンケート調査を実施し、行政や関係事業者に対し意見提言を行ったり、洗剤の使用に関し手賀沼等の浄化(湖沼の富栄養化防止)に向けた「石けん普及活動」として、小学校や幼稚園、町会等での洗たくセミナーを実施するなど、主に1.ゴミの問題 2.石けん普及 3.食品の安全 の3つのテーマに力を入れ、取り組んでまいりました。

 特にゴミ問題に関し、行政や事業者団体・事業者等と協力し、回収ルートや回収方法などを検討し、空き缶や空き瓶入れの設置や分別収集の実現、マイバック(ノー包装)運動などに尽力してまいりました。

生活クラブ活動の様子

 また市内の百貨店等で開催されていた“柏市消費生活展”では、毎年その時々の消費者問題に関するテーマを決め、発表してまいりました。消費生活展では昭和46年から30年余りにわたり、市民への啓発を行ってまいりました。

 こうした取り組みの中で、会独自で調査研究してきたものに「食用油の劣化(酸化)」や「スーパーのPB(プライベートブランド)」、「タバコの害」、「食卓の塩分」、「砂糖の栄養分」、「消費税導入に伴う便乗値上げ」などがあります。これらのテーマについて生活展等で発表してまいりましたが、「使いきり油」のテーマで、NHKの“ためしてガッテン”に取り上げられたこともあり、会員がテレビ出演し、レシピ本にもなっております。

 今後の活動として、「食品表示の一元化」や「衣類の洗濯マークのISO国際規格への変更」などについて学習中ですが、市民の皆様へわかりやすく、お知らせしていきたいと考えております。

 加えて、超高齢社会が進展する中、柏市の豊四季台団地に在宅医療の拠点が整備されますが、介護など福祉分野に関することなども思案していきたいと思います。

 現在具体的な発表の場の一つとして、毎年、年明けの1~2月頃、柏駅近くのアミュゼ柏において、柏市消費者の会と合同で「講演会(毎年テーマを決定)とミニコンサート」を実施しております。ぜひお誘い合わせの上、ご参加頂けると幸いに存じます。

 昨年、消費者教育推進法が施行されましたが、市内の小・中学校向けメニューである「子ども消費者教室」において、会員が講師となり、暮らしの中の様々なマーク(表示)についてや洗たくの仕方(表示の見方も含め)についての講座等も行っております。引き続き行政等と連携し、地域や学校における消費者教育を進めてまいりたいと考えております。

生活クラブ活動の様子その2

 柏生活クラブは発足当時より献血活動に参加してきましたが、今年は厚生労働大臣感謝状をいただきました。

 今後も微力ではありますが、市民の暮らしの安定向上を図るべく、活動を続けてまいりたいと思います。

情報発信元

市民生活部消費生活センター

所在地 柏市柏下73(中央体育館管理棟1階)
電話番号 04-7163-5853
ファクス 04-7164-4327
メールフォーム
利用時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時 (相談受付 午前9時~午後4時30分)
休館日 土曜日・日曜日・祝日、年末年始

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート