商品量目立入検査

最終更新日 2016年3月10日

ページID 019761

印刷

商品量目立入検査

計量法では、食肉・魚介類・野菜等の食料品や日用品のうち、計量販売されることの多い商品を「特定商品」と定め、これらの商品については、特に法令で定める誤差(量目公差)を超えないように正しく計量し、販売することを義務付けています。量目公差を超えると、量目不足になります。

柏市消費生活センターでは、適正な計量の実施の確保を図り、市民の方々の消費生活を守るため、計量法の規定に基づき、これら特定商品を販売している事業者に対して、商品量目の立入検査を実施しています。

市の職員が各事業所で精肉、鮮魚、青果、惣菜などの特定商品を1個ずつ精度が保たれたはかりで計量し、量目不足がないかどうかを検査しています。

量目交差違反

特定商品の量目不足やラベルの表記不良については、「勧告」「公表」「改善命令」の制度が計量法により設けられています。

事業者の方は、特に注意してください。

(注意)量目公差違反の原因としては

  1. 乾燥による自然減量に対する注意の不足
  2. 風袋の無視や軽視
  3. 粗雑な計量やラベルの貼り違い

などが考えられます。

具体的な量目公差表及びその他の関連資料については、関連ファイルを参照ください。

関連ファイル

量目公差表(PDF形式:168KB)

計量器の管理について(PDF形式:261KB)

適正な計量を目指して(PDF形式:290KB)

情報発信元

市民生活部消費生活センター

所在地 柏市柏下73(中央体育館管理棟1階)
電話番号 04-7163-5853
ファクス 04-7164-4327
メールフォーム
利用時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時 (相談受付 午前9時~午後4時30分)
休館日 土曜日・日曜日・祝日、年末年始

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート