柏市地域活動支援補助金 平成27年度の交付事業

最終更新日 2015年9月7日

ページID 024838

印刷

平成27年度の柏市地域活動支援補助金の交付事業は、次の9事業です。

番号

団体名

分野

事業の内容

1

柏市ひばりが丘町会

防災・防犯

火災即応体制の向上(投てき水パックの全戸配布)

  • 消化用具「投てき水パック」を全戸配布し、火災に即応できる体制をつくるとともに町会員の日常的な防災意識の高揚を図る。

2

南柏第一住宅自治会

防災・防犯

防犯標示プレート取り付けによる防犯意識の向上

  • 自治会員の全戸に防犯を呼びかける標示プレートを設ける。

3

第一住宅増尾団地自治会

防災・防犯

自主防災組織力の向上
  • 「防災訓練」、「防災講習会」を会員全員を対象に開催し、防災意識を高めるとともに、「防災診断」を実施する。また、防災力のアップを目指し、防災資機材を増備する。「防災訓練」、「防災講習会」は今後、毎年実施する。

4

増尾東映第二自治会

防災・防犯

時が沢防災センター構想(その3)

  • 既存の自治会館をハード/ソフトの両面で防災機能を持たせるために、3年間の事業計画に基づいて実中。最終年度の3年目はソフトの充実を促進し、住民にとって安心な街づくりのための事業を企画し実行する。

5

大津ヶ丘三丁目町会

防災・防犯

犯罪に強いまちづくり

  • 風早北部地区の一人あたり犯罪発生率は市内で最も高く、犯罪の被害を未然に防止するには、更なる犯罪に強いまちづくりが切望されている。具体的には、地域内のごみ拾いやごみ集積所の監視・防犯旗設置など防犯力の向上、警察署と連携した防犯パトロールなど、犯罪者が近寄り難いまちづくりを推進する。

6

塚崎3丁目自治会

防災・防犯

防災意識の向上と防災対応力の強化

  • 国の地震調査委員会は「地震予測地図」を発表し、横浜から千葉にかけて今後30年以内に震度6弱以上の揺れが発生する確率を約75%に引き上げた。地震発生に備えて地震の脅威を知るとともに防災備蓄品整備を早め、地震対応力の強化を図る。

7

大津ヶ丘第四住宅管理組合

コミュニティ強化

「集会所活用による住民の絆を深める」事業

  • 大津ケ丘第四住宅内にある集会所の利用者を増やすことで、住民同士の知り合いを広げ、横の繋がりや住民同士の絆を築いていく。

8

増尾地域ふるさと協議会

コミュニティ強化

ちいき探検ウォーキング

  • 手作りのウォーキング地図を配布し、ウォーキングを通して地域への愛着を多くの住民にもってもらう。
  • ウォーキングの準備地域の歴史や文化を学びつつ、住民相互の親睦を図る。
  • 増尾地域の身近な自然を知り、さらに豊かな地域を目指す。

9

西原地域ふるさと協議会

コミュニティ強化

柏市西原地域におけるラジオ体操の普及促進

  •  西原地域ふるさと協議会の地域において「ラジオ体操」の普及をもって、「健康増進」、「コミュニケーション増進」を図る。その第一段階として、周辺の5町会を中心としたラジオ体操活動を開始した。また、本活動を定着させた後、地区全体においてラジオ体操の普及に努める。

(プレゼンテーションの発表順です。)

情報発信元

地域づくり推進部地域支援課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎3階)
電話番号 04-7167-1126
ファクス 04-7167-6644
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート