死亡一時金

最終更新日 2020年9月15日

ページID 045542

印刷

被保険者の死亡により、遺族基礎年金を受けられる遺族がいない場合や寡婦年金を選択しない場合に、死亡者と死亡当時に生計を同一にしていた遺族のうち一人に死亡一時金が支給されます。

なお、死亡一時金を受ける権利の時効は、死亡日の翌日から2年です。

(補足)寡婦年金が受給できるときは、死亡一時金か寡婦年金どちらか一方を選択します。

受給要件

  1. 死亡日の前日において、死亡日の属する月の前月までの第1号被保険者(任意加入者を含む)として保険料を納めた月数(4分の3納付月数は4分の3月、半額納付月数は2分の1月、4分の1納付月数は4分の1月として計算)が36月(3年)以上あること。
  2. 亡くなったかた本人が老齢基礎年金及び障害基礎年金を受給していないこと。

死亡一時金の額

死亡一時金の額は、国民年金保険料を納めた期間に応じて次の額になります。なお、付加保険料を納付した期間が3年(36月)以上ある場合は、一律8,500円が加算されます。

保険料納付済月数 支給額
3年以上15年未満 120,000円
15年以上20年未満 145,000円
20年以上25年未満 170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円

死亡一時金を請求できる方

亡くなったかたと生計を同じくしていた遺族で、次の順位で請求できます。

  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 祖父母
  4. 兄弟姉妹

死亡一時金請求の必要書類

  1. 印鑑(請求者のもの。認印可、シャチハタ印不可)
  2. 故人の年金手帳(なくても可)
  3. 預金通帳又は貯金通帳(請求者名義のもの、コピー可)
  4. 戸籍謄本(請求者の戸籍。請求者の本籍地で請求。)
    (補足)請求者の戸籍で故人との関係が確認できない場合、請求者と故人の関係がわかる戸籍が必要)
  5. マイナンバーのわかるもの(請求者のもの。マイナンバーカード以外は本人確認書類も必要)
    (補足)マイナンバーが不明の場合は住民票(請求者の世帯全員で本籍・続柄記載のもの)と、除住民票(故人のもの)が必要。柏市発行の場合「年金手続き用」は無料。
  6. (1)請求者と故人の住所が異なる場合は生計同一関係に関する申立書(第三者の署名が必要)
    (2)請求者と故人が同居していたが、住民票は別世帯の場合(第三者の署名は必要なし)

申立書は柏市役所国民年金室、または沼南支所窓口サービス課にございますが、こちらからもダウンロードできます。

生計同一関係に関する申立書(配偶者・子)(日本年金機構)

生計同一関係に関する申立書(配偶者・子以外)(日本年金機構)

お手続き先

  • 柏市役所市民生活部国民年金室(電話04-7167-1130)または
  • 沼南支所窓口サービス課(電話04-7190-5769)

よくある質問

情報発信元

市民生活部国民年金室

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎1階)
電話番号 04-7167-1130
ファクス 04-7167-8103
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート