遺族基礎年金

最終更新日 2019年4月1日

ページID 045533

印刷

国民年金の被保険者または被保険者であった人で保険料納付済期間と保険料免除期間などを合算した期間が25年以上ある人が死亡したとき、その人によって生計を維持されていた妻(夫)または子に、子が18歳年度到達年度の末日まで、あるいは1級・2級の障害のある子の場合は20歳になるまで支給されます。

受給するための要件

次の1から4のいずれかに該当する人が死亡した場合、その死亡した人に生計を維持されていた子のある配偶者または子が受給することができます。

  1. 国民年金の被保険者であること。
  2. 国民年金の被保険者資格喪失後で60歳以上65歳未満の人で日本国内に住所を有していること。
  3. 老齢基礎年金の受給権者(保険料納付済期間と合算対象期間とを合算した期間が25年以上ある人に限る)であること。
  4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人(3.と同様の期間が25年以上ある人に限る)。

(補足)1.2.の場合、死亡した月の前々月までの加入期間のうち保険料納付済期間と免除期間の合計が3分の2以上あれば受給できます。なお特例として65歳到達日前の人が死亡した場合、平成38年3月31日までに死亡日がある場合は、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの直近1年間の被保険者期間に保険料の未納期間がなければ納付要件を満たすことができます。

子のある妻(夫)が受給する場合

基本額780,100円に遺族の対象となる子の数に応じた加算額が加算されます。

区分 基本額 加算額 合計額
子が1人のとき       780,100円 224,500円 1,004,600円
子が2人のとき 780,100円 449,000円 1,229,100円

(補足)3人目以降は一人につき74,800円が加算されます。

 子が受給する場合

基本額780,100円に、子が2人以上の場合について2人目の子は224,500円、3人目以降は一人につき、74,800円が加算されます。

区 分 基本額 加算額  合計額
子が1人のとき 780,100円  780,100円
子が2人のとき 780,100円 224,500円 1,004,600円

情報発信元

市民生活部国民年金室

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎1階)
電話番号 04-7167-1130
ファクス 04-7167-8103
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート