出産育児一時金直接支払制度

最終更新日 2012年5月25日

ページID 004158

印刷

 柏市の国民健康保険に加入しているかたが出産される場合、手元に高額な出産費用を準備する負担を軽減し、安心して出産を迎えていただけるよう「出産育児一時金直接支払制度」が始まりました。

直接支払制度のしくみ

 出産育児一時金(42万円を限度)の申請とその受け取りを医療機関等があなたに代わって行います。医療機関等とあなたとの間で、代理契約を結ぶことで、出産育児一時金が直接医療機関等に支払われることになります。

 ただし、出産費用が出産育児一時金を超えた分は自己負担となり、下回れば差額分を、後日、保険年金課に申請して支給を受けることができます。

               しくみ
 

  • この制度の利用を希望しない場合や海外での出産の場合などは、従来どおり出産後、出産育児一時金の支給申請をしてください。
  • 直接支払制度を利用されたかたで、出産費用が42万円を下回った場合は、差額分を支給しますので出産育児一時金(差額分)の支給申請をしてください。

 

情報発信元

市民生活部保険年金課 電話受付

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎1階)
電話番号 04-7191-2594
ファクス 04-7167-8103
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート