柏市国民健康保険の被保険者が出産したときに支給されます。妊娠85日以上の出産であれば、正常出産・死産・流産・早産の区別なく支給されます(医師の証明が必要)。
ただし、出産日の翌日から2年を経過すると時効となり、支給できません。

柏市国民健康保険以外の健康保険に加入しているかたは、加入している健康保険に手続きをしてください。また、柏市国民健康保険に加入しているかたであっても、他の健康保険から出産育児一時金が支給されるかた(他の健康保険の被保険者としての加入期間が1年以上あり退職後半年以内に出産された場合)には、柏市国民健康保険からは支給されません。

支給額 

42万円(子ども1人につき)

支給方法

原則として医療機関等への直接払い(直接支払制度)となります。

直接支払制度とは

出産をされる方(被保険者)と医療機関等で、直接支払制度に係わる合意文書を締結をすることにより、出産育児一時金が、国民健康保険から医療機関等に直接支払われ、出産時の医療機関窓口での支払額を減らすことができます(ただし、利用できない医療機関がありますので、医療機関にお問い合わせください)。

直接支払制度を利用されない場合は、出産後に、支給申請をしてください。
また、直接支払制度を利用された方のうち出産費用が42万円を下回ったかたは、差額分が支給対象となりますので、支給申請をしてください。

支給申請

出産後に、世帯主からの申請により、世帯主に支給します。

必要書類

日本国内での出産の場合

  1. 出産費用の領収明細書
  2. 直接支払制度に関する合意文書(直接支払制度を利用しない場合も必要)
  3. 保険証
  4. 世帯主名義の預金口座番号がわかるもの

海外での出産の場合

  1. 出産の事実が確認できる医師等の証明書(日本語訳(翻訳者の住所・氏名が記載され、押印されているもの)を添付)
  2. 出産者本人のパスポート
    (出産をした国の出入国の証印を受けてください。証印が確認できない場合は別に入国に係わる証明書(原本)をご提出ください。)
  3. 保険証
  4. 世帯主名義の預金口座番号がわかるもの

お問い合わせ

保険年金課 電話受付
電話番号:04-7191-2594 / メールフォーム

ページID : 004157最終更新日 : 2019年3月7日(木曜日)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。