住民基本台帳の不特定多数の閲覧制限

最終更新日 2011年3月1日

ページID 005902

印刷

市では、12月1日から住民基本台帳の不特定多数の閲覧を公用及び公益上必要と認められるものだけに限ることとしました(11月1日以降の受付はできません)。
これは、総務省が設置した閲覧制度に関する検討会で示された方向性に合わせ、国の新たな閲覧制度が施行されるまでの間の緊急的な対応として実施するものです。市民の皆さんの個人情報を守り、制度を悪用した犯罪等を防止するための措置であり、皆さんのご理解をお願いします。

(制限する理由)

  1. 市民の個人情報保護意識の高まりを背景に、ダイレクトメール発送などを目的とした営業活動の閲覧に対する批判が高まっていること。
  2. 閲覧情報を犯罪に利用したと思われる事件が発生していること。
  3. 総務省が設置した「住民基本台帳の閲覧制度等のあり方に関する検討会」から公用及び公益性が高いと認められるものだけに限定する方向性が示されたこと。

(閲覧できる場合)

次に掲げる請求で、厳格に事前審査を行い、適正な請求と認められる場合とします。

  1. 国、地方公共団体が行う請求
  2. 報道機関が報道の用に供する目的で行う調査で公益上必要とと認められる請求
  3. 大学その他の学術研究を目的とする機関等が学術研究の用に供する目的で行う調査で公益上必要と認められる請求
  4. その他、公益上必要があると市長が認めた請求

柏市議会は、「住民基本台帳の閲覧制度の早期見直しを求める意見書」を第2回定例会において議決し、内閣総理大臣及び総務大臣あてに提出しています。

情報発信元

市民生活部市民課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎1階)
電話番号 04-7167-1128
ファクス 04-7160-1036
メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート