令和元年度(2019年度)から適用される個人住民税の税制改正

最終更新日 2019年5月1日

ページID 047354

印刷

配偶者控除、配偶者特別控除の改正

平成29年度税制改正で、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の適用される納税者本人に所得制限を設けることとし、合計所得金額が900万円(給与収入1,120万円)を超える場合には控除額が逓減、消失する仕組みとなりました。

この改正は、平成30年分以後の所得税から適用され、個人住民税は令和元年度(2019年度)以後から適用されます。

(1)配偶者控除の改正

平成30年度までは、同一生計配偶者の前年の合計所得金額が38万円以下(給与収入103万円以下)の場合、納税者本人の所得に関わらず個人住民税では一律33万円(配偶者が70歳以上の場合38万円)の配偶者控除の適用を受けられましたが、令和元年度(2019年度)からは納税者本人の合計所得金額が1,000万円を超える場合、配偶者控除の適用を受けることができないこととされました

また、本人の合計所得金額に応じて、下表のとおり控除額が逓減、消失します。

納税者本人の

合計所得金額

(参考)

給与収入金額

所得税 個人住民税 所得税との控除差額
控除額
(一般)
控除額
(老人)
控除額
(一般)
控除額
(老人)
控除額
(一般)
控除額
(老人)
現行 制限なし 制限なし 38万円 48万円 33万円 38万円 5万円 10万円
改正後 900万円以下 1,120万円以下 38万円 48万円 33万円 38万円 5万円 10万円

900万円超

950万円以下

1,120万円超

1,170万円以下

26万円 32万円 22万円 26万円 4万円 6万円

950万円超

1,000万円以下

1,170万円超

1,220万円以下

13万円 16万円 11万円 13万円 2万円 3万円
1,000万円超 1,220万円超 0 0 0 0 0 0

(2)配偶者特別控除の改正

平成30年度までは、配偶者特別控除については、その適用を受けられる配偶者の前年の合計所得金額の上限が76万円未満でしたが、令和元年度(2019年度)からは合計所得金額が123万円以下に引き上げられました

また、納税者本人の合計所得金額に応じて、下表のとおり控除額が逓減、消失します。なお改正前の制度と同様に合計所得金額が1,000万円を超えると、配偶者特別控除は適用できないこととされています。

現行の配偶者特別控除額 改正後の配偶者特別控除額

配偶者の

合計所得金額

(参考)

給与収入金額

納税者本人の

合計所得金額
1,000万円以下

配偶者の

合計所得金額

(参考)

給与収入金額

納税者本人の合計所得金額
900万円以下 900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下

38万円超

40万円未満

103万円超

105万円未満

33万円
(38万円)

38万円超

85万円以下

103万円超

150万円以下

33万円
(38万円)
22万円
(26万円)
11万円
(13万円)

40万円以上

45万円未満

105万円以上

110万円未満

33万円
(36万円)

85万円超

90万円以下

150万円超

155万円以下

33万円
(36万円)
22万円
(24万円)
11万円
(12万円)

45万円以上

50万円未満

110万円以上

115万円未満

31万円
(31万円)

90万円超

95万円以下

155万円超

160万円以下

31万円
(31万円)
21万円
(21万円)
11万円
(11万円)

50万円以上

55万円未満

115万円以上

120万円未満

26万円
(26万円)

95万円超

100万円以下

160万円超

166.8万円未満

26万円
(26万円)
18万円
(18万円)
9万円
(9万円)

55万円以上

60万円未満

120万円以上

125万円未満

21万円
(21万円)

100万円超

105万円以下

166.8万円以上

175.2万円未満

21万円
(21万円)
14万円
(14万円)
7万円
(7万円)

60万円以上

65万円未満

125万円以上

130万円未満

16万円
(16万円)

105万円超

110万円以下

175.2万円以上

183.2万円未満

16万円
(16万円)
11万円
(11万円)
6万円
(6万円)

65万円以上

70万円未満

130万円以上

135万円未満

11万円
(11万円)

110万円超

115万円以下

183.2万円以上

190.4万円未満

11万円
(11万円)
8万円
(8万円)
4万円
(4万円)

70万円以上

75万円未満

135万円以上

140万円未満

6万円
(6万円)

115万円超

120万円以下

190.4万円以上

197.2万円未満

6万円
(6万円)
4万円
(4万円)
2万円
(2万円)

75万円以上

76万円未満

140万円以上

141万円未満

3万円
(3万円)

120万円超

123万円以下

197.2万円以上

201.6万円未満

3万円
(3万円)
2万円
(2万円)
1万円
(1万円)
76万円以上 141万円以上 0
(0)
123万円超 201.6万円以上 0
(0)
0
(0)
0
(0)

(補足)配偶者特別控除額については、上段の金額は個人住民税の控除額、下段の金額(38万円~1万円)は所得税の控除額となります。

リンク

情報発信元

財政部市民税課 普通徴収担当

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎2階)
電話番号 04-7167-1124
ファクス 04-7167-3203
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート