市税の延滞金と還付加算金の計算方法

最終更新日 2020年1月24日

ページID 034867

印刷

延滞金

延滞金は、税目別に期別ごとに、次の計算式により計算します。

税額×延滞日数×延滞金の割合÷365日延滞金額

税額

  • 税額とは、延滞している各期別ごとの金額です。
  • 税額が2,000円未満の場合は、延滞金は加算されません。
  • 税額に1,000円未満の端数がある場合は、その端数金額を切り捨てて計算します。

延滞日数

納期限の翌日から起算して納めた当日までの日数です。

延滞金の割合

  • 「納期限の翌日から1か月を経過する日まで」の延滞金の割合は、年7.3パーセントですが、
      特例基準割合(注意)が年7.3パーセント未満の場合は、特例基準割合(注意)+1パーセントとなります。(年7.3パーセントが上限)
  • 「納期限の翌日から1か月を経過した日以後」の延滞金の割合は、年14.6パーセントですが、
     特例基準割合(注意)が年7.3パーセント未満の場合は、特例基準割合(注意)+7.3パーセントとなります。

特例基準割合の例(単位:パーセント)

期間

特例基準割合(注意) 納期限の翌日から1か月を経過する日まで 
(特例基準割合(注意)+1パーセント)
納期限の翌日から1か月を経過した日以後
(特例基準割合(注意)+7.3パーセント)

平成26年1月1日から同年12月31日まで

1.9

2.9

9.2

平成27年1月1日から平成28年12月31日まで

1.8

2.8

9.1

平成29年1月1日から同年12月31日まで

1.7

2.7

9.0

平成30年1月1日から令和2年12月31日まで

1.6

2.6

8.9

(注意)「特例基準割合」とは、租税特別措置法第93条第2項の規定により、各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除した割合として、各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1パーセントの割合を加算した割合をいいます。そのため、特例基準割合及びそれに基づく延滞金の割合は毎年変動する可能性があります。

365日

うるう年でも365日で計算します。

延滞金額

延滞金の端数処理

  • 算出された延滞金額が1,000円未満の場合は、延滞金は加算されません。
  • 算出された延滞金額が1,000円以上で、その延滞金額に100円未満の端数がある場合、その端数金額は切り捨てます。

計算例

納期限が令和2年4月30日の税金156,300円を令和2年12月25日に納める場合

税額に1,000円未満の端数がある場合、その端数金額を切り捨てる。

156,300円ならば156,000円となります。

「納期限の翌日から1か月を経過する日まで」と「納期限の翌日から1か月を経過した日以後」とを分けてそれぞれ計算する。

それぞれの日数を算定
  • 納期限の翌日から1か月を経過する日までの日数は31日で算定
  • 納期限の翌日から1か月を経過した日以後の日数は208日で算定
それぞれの延滞金額を算定
  • 納期限の翌日から1か月を経過する日まで
    156,000円×31日×2.6パーセント÷365=344円(1円未満切捨て)
  • 納期限の翌日から1か月を経過した日以後
    156,000円×208日×8.9パーセント÷365=7,911円(1円未満切捨て)
合算して100円未満の端数を切り捨てる。

344円+7,911円=8,255円
延滞金額は8,200円になります。

還付加算金

還付加算金は、次の計算式により計算します。

還付額×加算日数×還付加算金の割合÷365日還付加算金額

還付額

  • 還付額が2,000円未満の場合は、還付加算金は加算されません。
  • 還付額に1,000円未満の端数がある場合は、その端数金額を切り捨てて計算します。

加算日数

  • 加算日数とは、還付金が生じた事由に応じた日から還付の支出を決定した日までの日数です。
  • 還付金が生じた事由に応じた日は、次のとおりです。

還付金が生じた事由

加算日数の起算日

更正、決定又は賦課決定

納付又は納入があった日の翌日

更正の請求に基づく更正

「更正の請求があった日の翌日から起算して3か月を経過する日」と「更正があった日の翌日から起算して1か月を経過する日」のいずれか早い日の翌日

所得税の更正に基因してされた賦課決定

所得税の更正の通知が発せられた日の翌日から起算して1か月を経過する日の翌日

所得税の申告書の提出に基因してされた賦課決定

所得税の申告書の提出がされた日の翌日から起算して1か月を経過する日の翌日

誤納

納付又は納入があった日の翌日から起算して1か月を経過する日の翌日

還付加算金の割合
「年7.3パーセント」と「特例基準割合(注意)」のいずれか低い割合                             

還付加算金の割合の例(単位 パーセント)

期間

特例基準割合(注意)

還付加算金の割合

平成26年1月1日から同年12月31日まで

1.9

1.9

平成27年1月1日から平成28年12月31日まで

1.8

1.8

平成29年1月1日から同年12月31日まで

1.7

1.7

平成30年1月1日から令和2年12月31日まで

1.6

1.6

(注意)「特例基準割合」とは、租税特別措置法第93条第2項の規定により、各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除した割合として、各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1パーセントの割合を加算した割合をいいます。そのため、特例基準割合及びそれに基づく還付加算金の割合は毎年変動する可能性があります。

365日

うるう年でも365日で計算します。

還付加算金額

還付加算金の端数処理

  • 算出された還付加算金額が1,000円未満の場合は、還付加算金は加算されません。
  • 算出された還付加算金額が1,000円以上で、その還付加算金額に100円未満の端数がある場合、その端数金額は切り捨てます。

情報発信元

財政部収納課

所在地 柏市柏5丁目10番1号(本庁舎2階)
電話番号 04-7167-1122
ファクス 04-7167-3203
メールフォーム
電話のかけ間違いにご注意ください

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、個人情報保護方針に沿ってお取り扱いいたします。


簡易アンケート